システムを構成するLC部とMS検出器は,お客様の分析対象と分析頻度,必要な感度に応じて選択していただけます。

MS検出器

複雑なマトリクス中の微量分析において,今や「トリプル四重極型質量分析計」は不可欠です。
MRM測定の高速化と,超高速正負イオン化切換技術を融合し,比類なきスピードと感度を達成します。
チャート
LCMS-8040 CL
イオン光学系の進化により感度を向上させたトリプル四重極型質量分析計です。(当社比)
LCMS-8040 CL

LCMS-8050 CL
新規設計のHeated ESIプローブとコリジョンセルを採用した四重極型質量分析計です。
LCMS-8050 CL

LCMS-8060 CL
島津製作所の特許技術“UF Technologies”を採用したトリプル四重極型質量分析計です。最適化したイオン導入部と新技術UF-Qarrayにより,LCMS-8050 CLから更なる感度向上を実現しました。
LCMS-8060 CL
LCMS-8040 CLは,血中や尿に存在する物質(薬毒物など)の検出に適し,LCMS-8050 CLやLCMS-8060 CLは,血中のホルモンなどの物質の検出に適しています。
ページトップに戻る