2020.01.21

パートナーと共に創るヘルスケアの未来

ヘルスケア領域で先進的な研究を進める研究者の皆さまから、当社とのパートナーシップについてお話を伺いました。当社は画像診断技術と分析技術を軸に、未来の医療を変える「アドバンスト・ヘルスケア」技術の開発を世界のパートナーとともに進めています。

「アドバンスト・ヘルスケア」における主な連携

動画に登場する、メルボルン大学のColin L Masters教授は、質量分析システムを用いたアルツハイマー病変血液バイオマーカーの開発をテーマに連携。

米国国立がん研究所の小林久隆先生とは、新しいがんの治療法として期待がかかる光免疫療法について共同研究を進めています。

東北大学大学院の高瀬圭教授、東北大学病院の森本玲先生と共同開発した、原発性アルドステロン症の副腎静脈サンプリング支援システムは、昨年4月に製品として販売を開始しました。

これからも、連携によるシナジーを発揮して最前線に立ち続け、健康寿命の延伸に向けた診断技術や治療技術の確立に取り組み続けます。

「アドバンスト・ヘルスケア」についてはこちら

copy urlタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る