情報開示方針

1. 基本姿勢

当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様に当社を理解いただき、ステークホルダーの皆様から信頼を獲得するために、有効と思われる情報の適時開示に努めます。

2. 開示情報

  1. 当社が上場する日本の証券関連諸法・規則に定める当社経営に関する重要な情報
  2. 法定開示に派生して開示する情報
  3. 個別事業の競争戦略に関わる重要情報や高度の営業秘密に関する情報を除いて、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様にとって有用であると判断される情報

3. 情報開示の原則

  1. 透明性と説明責任
    開示内容が当社に有利か不利かを問わず事実に即した開示の透明性に努め、説明責任を全うします。
  2. 関連法令および規則の遵守
    金融商品取引法などに基づく法定開示制度や、東京証券取引所が定める適時開示規則を遵守します。
  3. 適時の開示
    情報の開示は、開示すべき事実が発生した後、適時に開示します。
  4. わかりやすい開示
    ステークホルダーだけでなく、多くの人に伝わることも考え、わかりやすく情報を開示します。
  5. 公平性の確保
    情報が公平に伝播されるよう努めます。一部の資本市場参加者のみに選別的に開示されないよう、フェアディスクロージャールールに則り、情報管理を徹底します。
  6. 機密性の確保
    適切かつ公正な開示が行われるまでは、重要な情報を厳重に管理し、一定の守秘義務契約等により秘匿性が担保されている場合を除き、関係者以外の第三者(当社役職員を含む)の漏洩を防止します。

4. 情報開示方法

  1. 株式会社東京証券取引所の定める有価証券上場規程及びこれに関する規則に該当する情報は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TD net)を通じて行います。
  2. 上記以外にも、投資判断に影響を及ぼすと思われる情報は、その重要度および緊急性に応じて、適宜、プレスリリースの配信、記者会見および説明会等を通じて速やかに開示します。
  3. 上記 1. および 2. に従って開示された情報は、開示後速やかに島津製作所WEBサイトに掲載します。

5. 将来の見通し

当社が開示する将来の業績に関する見通しは、公表時点で入手可能な情報と合理的と判断する一定の前提に基づき当社グループが予測したものです。実際の業績は、様々なリスク要因や不確実な要素により業績見通しと大きく異なる可能性があります。

6. 沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、当該四半期末日の翌日から当該四半期決算発表日までの期間を沈黙期間と定め、原則として決算に関する質問への回答やコメントを控えています。ただし、この沈黙期間中でも業績予想と実際の業績の間に大きな差異が生じる見込みが出た場合には、開示規則に従い適宜公表します。

7. 第三者による情報

島津グループは、島津グループに関する第三者によるいかなる予想、コメントなどについては一切責任を負いません。

ページトップに戻る