乳がん診断における 患者の負担を減らす新装置

女性にとって代表的ながんの1つである乳がん。その罹患率(がんと診断される率)は、他のがんと比べて近年著しく増加しており、罹患率の上昇に伴って死亡数も増加し続けています。
早期発見・早期治療が重要である一方、従来の検査では、乳房を挟むことによる「痛み」が1つの課題となっていました。
当社は痛みを伴わない乳がん検査を実現する装置“Elmammo(エルマンモ)”を開発し、2014年8月に薬事承認を取得し、販売を開始しました。

Elmammo

本装置は、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)助成事業プロジェクト「悪性腫瘍等治療支援分子イメージング機器の開発(平成18年度~平成21年度)」によって開発されたプロトタイプを製品化した装置です。製品化にあたっては、京都大学医学部附属病院においてプロトタイプを用いた臨床研究が行われました。
Elmammoは、直径185mmの検出器ホールに乳房を入れるだけでよく、乳房を挟まずに検査が行えますので被検者に痛みを与えることはありません。また、全身用のPET/CT装置※と比較して、解像度を約2倍、感度を約10倍に向上させることで、従来は難しかった小さな乳がんの診断も可能となりました。装置のデザインでは、女性に配慮した意見を積極的に取り入れ、安心して受診いただけるようにしています。

※PET/CT装置
正常な組織よりも、がん細胞がブドウ糖を数倍多く消費することを利用し、ガンマ線を放出するブドウ糖に類似の薬を体内に注射し、そのガンマ線を検出してがんの検査を行う装置。

ユーザーからの声
山田 實紘 様

社会医療法人厚生会
木沢記念病院 理事長
山田 實紘 様

当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されており、乳がん治療には診断・施術・乳房再建を含めたアフターケアも行っています。このたびElmammoという乳房専用のPET装置を世界で初めて導入し、2015年4月より稼働させています。
女性の乳がん発症率は12人に1人と言われており、早期の検査が求められる一方、検査に伴う痛みが大きな課題となっています。
Elmammoはこの課題を解決した上に、非常に鮮明な画像を撮影することが可能であり、乳がんの早期発見・早期治療の手助けにつながることが期待されます。
さらに、ペースメーカーを使用された方や閉所恐怖症の方といったMRIを使用できない場合でも検査ができますし、痛みのある腫瘍を持たれた方や乳腺炎の方など、マンモグラフィでの診断に痛みを伴ってしまう患者様にも大きなメリットがあります。また、抗がん剤の効き目を確認しながら投薬治療を進める際のツールとしても活用することができるため、患者様のQOL(生活の質)の向上にも配慮することができるものと考えています。

従業員座談会

従業員座談会

Elmammoの開発に携わった従業員に、開発当時のお話を聞きました。

基盤技術研究所 データ処理ユニット 画像グループ
赤澤 礼子(左)
総合デザインセンター デザインユニット
プロダクトデザイングループ
高橋 美由紀(右)

はじまりは四角いハコ

高橋 初めてこの装置のプロトタイプを見たときは、ただの四角いハコに穴が開いただけのお弁当箱のようなものでした。当初、装置の形状はもう変わらないという話も聞いて、「“女性にやさしい装置”が本当にこれ?」と戸惑っていたのを覚えています。その後、新製品らしさや女性に対してのやさしさを意識した形状にするという提案が認められた結果、改めてグループ内での製品デザインがスタートしました。女性の目線からの色合いや形などの意見を出し合って、Elmammoが持つやさしいフォルムにつながりました。乗り降りする際に体に角が当たらないようベッドの周囲に丸みを持たせたり、清潔感があって温かみもあるパールホワイトをベースの色に採用したりする一方で、クッションの素材なども提案しました。
赤澤 私は装置のソフトウェアの開発が主な仕事です。画像の生成や計算時間の高速化をはじめ、画質改善や病院の技師様が使用される操作用ソフトウェアの開発などに携わりました。当初は結果の画像を見ることができるまでに一晩以上かかるといった状況で、入社時にはまず高速化から関わることとなりました。画質についても、最初はコントラストや分解能を優先させていたため、腫瘍だけでなく診断の際に不要な情報となるバックグラウンド(皮膚や乳腺組織など)も目立っていました。京都大学における臨床研究では、医師や技師の先生方と共に画像の生成条件の調整を何度も重ね、現場のニーズに応える読影(検査画像に基づく診断)しやすい画像を作り上げていきました。
研究所で本装置を開発していた研究員は私以外は全員男性でしたが、臨床研究で本装置を担当されていた医師や技師の先生方をはじめ、関連学会でも女性が多い分野だったので、女性のための装置という意味での意見の言いやすさはあったかもしれません。研究員は全員一丸となって、構想段階から「この装置を世の中に出そう!」という強い思いをもって取り組んで参りましたので、思い入れもとても強く、もう我が子のようにすら思えます(笑)。
高橋 出来上がった装置のカタログを作る際は、医用機器事業部の女性担当者と、文章やレイアウトなどを考えながら作ってきました。お互いに意見を交わし合いながら練り上げて、装置の置かれる検査室の内装を含めた空間デザインも提案しました。落ち着いて温かみのある空間に装置があって、その中で検査を受けられるというイメージをカタログの中に掲載しています。今までのカタログでは病院様向けに使い勝手などをPRすることが多かったのですが、Elmammoのカタログでは、痛みがなくスムーズにかつ落ち着いて検査を受けられる、という被検者側の目線で作成しました。
Elmammo

装置に対しての期待

赤澤 乳がんは早期に発見・治療することで生存率を向上させることができるのですが、私の身近な方にも乳がんで苦しまれた方がいるので、Elmammoを通じてそういう方が1人でも減ることを祈りながら開発をしてきました。もちろん装置メーカーだけでできることには限りがあって、医師や技師の先生方に頼るところが大きいのですが、その一翼を担うことができればいいなと思っています。がんになってからも、また痛い思いをして検査を受け続けなければならないということに対して、Elmammoに対する世の中の期待も大きいと感じています。
高橋 「痛みから解放される」というコンセプトを聞いてから、この装置が早くできてほしい、そして病院で気分的にも沈みがちな中で、気分を癒したり和らげたりすることができる装置ができればいいな、と思っていました。少しでも被検者様の一助になってくれることを願っています。
ページトップに戻る