オンラインSFE-SFCシステム

複雑な試料中の目的成分を自動分析する技術

Nexera™ UCオンラインSFE-SFCシステムは、超臨界流体抽出(SFE)と超臨界クロマトグラフィー(SFC)を組み合わせたことにより、抽出から分析までを自動化する技術が集約されています。
固体試料の前処理から分離分析まで同じワークフローで実施可能であるため、前処理操作の時間短縮や分析精度の高いデータを得ることが可能です。

*超臨界流体(Supercritical Fluid)とは気体と液体の特性を合わせもつ物質
 超臨界流体抽出(Supercritical Fluid Extraction)とは超臨界流体を主な抽出溶媒として用いる抽出法(前処理手法)
 超臨界流体クロマトグラフィー(Supercritical Fluid Chromatography)とは超臨界流体を主な移動相として用いるクロマトグラフィー(分離分析手法)

農産物中残留農薬の一斉分析の前処理における従来法との比較

Nexera UCオンラインSFE-SFCシステムでは、従来法の前処理操作で必要であった試薬の添加や遠心分離など数多くの工程を必要としないため、農薬分析の大幅な効率化が図れます。

Nexera UCでは、通常GCやGC/MS/MSで分析されている農薬から、LCやLC/MS/MSを用いて分析されている農薬まで、疎水性から親水性に至る幅広い極性の農薬成分を一斉に分析できます。

農薬500成分の迅速一斉分析

幅広い極性の農薬成分を一度に分析

本機能搭載製品

Nexera Technologiesへ戻る