Dual Stream Technology

2つの独立した分析流路を最適化する技術

Dual Stream Technologyは、専用の流路構造と専用の装置制御システムで構築されており、2つの分析系(ストリーム)を交互に使用し、さらに試料の注入動作をオーバーラップ制御させています。

CYP主要4分子指標代謝物4成分の分析において、通常のLCシステムでは1分析あたりの所要時間が1分22秒であるのに対し、Nexera MXシステムなら1分析あたり約半分の38秒間で完了。2倍のスループットを達成します。

本機能搭載製品:

Nexera Technologiesへ戻る