乳房専用PET装置

Elmammo

Elmammo(エルマンモ)は検査時における乳房の痛みがなく、被検者がリラックスして検査を受けられる、新しい乳がん検査装置。
乳がん検診に利用されるマンモグラフィ検査では、撮影時に乳房を圧迫されるため、被検者にとっては負担がありました。Elmammoでは、被検者はベッドにうつぶせになり、ベッド上のホールに乳房を入れるだけで検査ができるため、被検者の負担が大幅に軽減されるだけでなく、呼吸に伴う体の動きの影響が抑えられるため、ブレの少ない鮮明な画像が得られます。

Elmammo(エルマンモ)は検査時における乳房の痛みがなく、被検者がリラックスして検査を受けられる、新しい乳がん検査装置。
乳がん検診に利用されるマンモグラフィ検査では、撮影時に乳房を圧迫されるため、被検者にとっては負担がありました。Elmammoでは、被検者はベッドにうつぶせになり、ベッド上のホールに乳房を入れるだけで検査ができるため、被検者の負担が大幅に軽減されるだけでなく、呼吸に伴う体の動きの影響が抑えられるため、ブレの少ない鮮明な画像が得られます。

検査時に乳房の痛みがない『高精度な乳がん検査装置』

被検者が安心して検査を受けられる乳がん検査装置

検査に対する不安を取り除くため、装置から機械的要素を極力減らして洗練された美しい形状にすることにより、被検者に安心した気持ちで心地よく検査を受けてもらえることを目指しました。

Elmammo

確かな検査と心地よい体験の両立

被検者が安心して検査を受けられる乳がん検査装置には「確かな検査」と「検査中の寝心地の良さ」が必要でした。リラックスして姿勢を保持できる「柔らかさ」と、検査に必要な姿勢が保ち易い「硬さ」の両立を目指し、様々な検証を繰り返した結果、硬さの異なるクッション素材を最適な位置でダブル構造にすることで、寝心地が良く、容易に検査姿勢を変えることができる快適なベッドを完成させることができました。

Elmammo
Elmammo

課題を魅力に変える

試作機1号機は角張った形状で、金属部品やネジが見える無機質な外観でした。この基本設計はそのままで装置をいかに魅力的に生まれ変わらせるかが、デザインの課題でした。そこで、装置から機械的要素を極力減らして洗練された美しい形状にすることにより、被検者に安心した気持ちで心地よく検査を受けてもらえる造形にまとめました。

Elmammo
プロダクトデザイナー

デザイナーの力を開発の原動力に

今回は全く新しい検査装置の開発ということで、デザインコンセプトを立てるのに時間を要しました。今回の開発で心がけたのは、ブレーンストーミングなどを通して思いついたアイデアを素早く絵や模型に具体化し、開発チームと常に情報共有しながら製品像を形づくるということです。形にすることで、それがたたき台となり新たなアイデアが生まれます。最終的には、皆の想いがこもった優しく温かみのあるデザインに仕上げることができました。本装置は、乳房専用PET装置として、死亡率の高い乳がんの早期発見の一翼を担っていくものになることを願っています。

プロダクトデザイナー 舘 昌邦

Elmammo

乳房専用PET装置
Elmammo

受賞
2018年度 全国発明表彰[発明協会会長賞]受賞
2016年度 International Design Excellence Awards(IDEA) [Finalist]受賞

掲載日:2019年7月30日