SPG-V500 アプリケーション

概要

レーザースペクトラムアナライザ SPG-V500は、レーザー測定向けに使いやすさを追求したソフトウェアにより、測定時間の短縮はもちろん、レーザースペクトルの挙動を確実に捉えます。半導体レーザー(LD)やダイレクトダイオードレーザー(DDL)、DUVレーザー等のレーザー光源・発振器の開発スピード向上や、製造コスト削減など幅広い工程での効率化に活用できます。
また、レーザー光のみならず、重水素ランプやキセノンランプ等の放電ランプの開発にも使用できます。

例) 各種レーザーのスペクトル挙動・変動モニタリング
  光源スペクトルのリアルタイム高分解能測定

[SPG-V500 レーザースペクトラムアナライザ]

  • 発振器・モジュールの組立調整の効率化

レーザースペクトルとそのスペクトルに関するピーク波長情報やピーク数、ガウシアン分布をモニターしながら組立調整作業ができます。過去のデータを重ね書きすることで、現状のデータと比較しながら作業することもできます。また、スペクトルのピーク数、中心波長、ピークカウント値、ピークカウント値の総和に関するトレンドグラフを備え、各指標の経時変化を確実に捉えます。

  • 光源スペクトルの高分解能測定

0.04nmを超える分解能で各種放電ランプのスペクトルの挙動をリアルタイムで見ることができます。(例:重水素ランプ、キセノンランプ)

  • モードホップなどのスペクトル挙動評価

リアルタイムに更新されるスペクトルグラフにより、スペクトルの挙動を確実に捉えます。
最大10000回のスペクトルデータを連続して保存でき、データの詳細を確認することで、モードホップなどレーザーのスペクトル挙動を評価できます。

 

  • 多波長レーザーモジュールの信頼性評価

インターバル10~1000 s、最大回数1000回、スペクトルデータを指定インターバルごとに保存できます。最大10個の測定条件をインターバル保存することで、RGBレーザーやDDL(ダイレクトダイオードレーザー)などの多波長結合レーザーモジュールの信頼性評価にも対応します。

  • レーザースペクトルの測定時間の短縮

スペクトルデータを一括して取得でき、測定時間の短縮を実現します。 レーザースペクトラムアナライザ SPG-V500を用いたスペクトル測定例を紹介します。