オプションモータコントローラ AT-120PCC

戻る

波長駆動装置AT-120PLとフィルタホルダAT-120FLのモータコントローラです。
SPG-120の波長駆動やフィルタの選択をPCで制御する際に使用します。
本装置では、SPG-120の波長走査ピッチを0.2nm/stepまたは0.1nm /stepで駆動することができます。
インターフェースはGP-IBとRS-232Cに対応しています。
なお、USB対応GP-IBコントローラ(サンプルソフト付き)を準備しています。

サンプルソフトウェア  

モータコントローラ AT-120PCC

特長

  1. 小形分光器SPG-120のステッピングモータ型波長駆動装置AT-120PLに接続し、PCからSPG-120の波長を駆動することが可能です。
  2. 内部にカウンターを持っており、原点設定を行えば、SPG-120の現在波長を読み取ることも可能です。
  3. SPG-120を0.2nm/stepまたは0.1nm/stepで波長駆動することができます。
  4. 本装置は、1相あたりの電流が0.6A以下の2相ステッピングモータを内蔵するフィルタホルダAT-120FLの制御にもお使いいただけます。

仕様

適合波長駆動装置 AT-120PL
 走査速度 1~70nm/s
 走査ピッチ 0.2nm/stepまたは0.1nm/step
 駆動方法 2相励磁または1-2相励磁
動作 以下にあげる動作が、外部よりの一連のコマンドによって可能です。
 相対動作 現在位置から指定のステップ数波長を駆動します。
 絶対動作 コントローラ内部に持つカウンターで指定の波長まで駆動します。
 原点復帰動作 設定された原点まで復帰します。
 1ステップ動作 現在位置より1ステップ分移動します。
 リミットスイッチ検出 分光器のリミットスイッチを検出すると即座に停止し、分光器が破損するのを防止します。
 原点検出 AT-120PL内蔵の回転センサを検出することにより波長原点を検出することができます。
 現在位置読み出し 原点設定を行えば、現在の位置を読み出すことができます。
インタフェース GP-IB/RS-232C
 GP-IB機能 SH1,AH1,T6,TE0,L4,LE0,SR1,RL0,PP0,DC0,DT0,C0
 RS-232C 通信速度 1200,2400,4800,9600bps
 コントロ一ル機能 励磁方式、ディップスイッチを除く全機能制御可能
電源 AC100V±5% 50-60Hz
寸法・重量 214(W)×340(D)×90(H)mm 3kg
  • ※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

見積フォーム

製品お問合せ