小形・薄型 回折格子

小形・薄型 回折格子

小形・薄型 回折格子

特長

  1. 格子溝はレーザの2光束干渉法を利用したホログラフィック露光法により光の精度で製作します。このため機械刻線回折格子に比べ、溝の周期誤差による迷光が極めて少ない回折格子が得られます。
  2. イオンビームエッチング法により格子溝にブレーズ加工をしますので、特定の波長域で高効率のブレーズドホログラフィックグレーティングを提供できます。
  3. 単位長さあたりの溝本数が多く、高密度の回折格子が製作出来ます。
  4. 小形・薄型回折格子は分光器(光学系)の小型化に適しています。

※平面回折格子と異なる点はダイシング装置により切断しているため側面が切断面になります。
 側面の有効領域外にはエッジチッピングがあります。

最終製品用途例

  • 小型ラマン分光器
  • 測色計(LED、LD、その他光源)
  • 吸光度測定