レーザモジュール&レーザデバイスファイバ結合型高輝度青色ダイレクトダイオードレーザ
BLUE IMPACT™

現在、海外への販売は行っておりません。
なお、BLUE IMPACT 100Wモデルは、輸出貿易管理令別表第1の10項(8)/省令9条十号イ(二)に該当するため、日本国外への輸出を行う際は経済産業大臣の輸出許可を得る必要がございます。

 

ファイバ結合型高輝度青色ダイレクトダイオードレーザBLUE IMPACT™ 20Wタイプ

ファイバ結合型高輝度青色ダイレクトダイオードレーザBLUE IMPACT™ 100Wタイプ

概要 - BLUE IMPACT™の特徴 -

■特長

多数の青色半導体レーザ光を光ファイバに集約し、高出力青色レーザ光源を実現しています。

  • 青色波長:450 nm
  • 高輝度:ファイバコア径 100 µm
  • 高出力:20 W、100 W

 

■アプリケーション

銅をはじめとした高反射材料加工に最適なレーザ光源です。

  • レーザ溶接
  • 3Dプリンタ
  • レーザコーティング

 

■青色波長の利点

従来のファイバレーザ等の赤外レーザと比較し、青色レーザは多くの金属材料に対し光吸収率が格段に高くなります。これにより特に赤外レーザでは加工が難しかった銅材料に対して、高品質なレーザ加工が可能になります。

金属の光吸収特性とレーザ波長

 

 

■加工例:銅板30 µmの重ね溶接
外形図

 

  • ※BLUE IMPACT™は、株式会社島津製作所の登録商標または商標です。