回折格子(Gratings:グレーティング)とは

回折格子の解説トップへ

回折格子の製品情報へ

What are Diffraction Gratings?

回折格子(Gratings:グレーティング)は、種々の波長が混ざった光(白色光)を波長ごとにわける(分散)光学素子です。最も単純な回折格子は、多数の平行スリットが等間隔で配列した構造をしています。白色光が回折格子に入射すると、波長ごとに決まったある角度で光が強め合い(回折)、この強め合った光を取り出すことで波長選択ができます。すなわち、図2のように隣り合う開口に入射した平行光線について、その光路差が波長の整数倍になるとき光は強め合います。同様に、すべての開口からの光もこの方向に強め合い、この強め合った光を回折光と呼びます。

図2-1 回折格子の原理( 透過型)

図2-1 回折格子の原理( 透過型)

図2-2 回折格子の原理( 反射型)

図2-2 回折格子の原理( 反射型)