燃料電池酸素濃度可視化装置

燃料電池酸素濃度可視化装置 FC-O2モニタ / 関連ドキュメント
No.1
大野,南雲,クリーンエネルギー,2011,vol.20,No.6,46-49
No.2
大野,南雲,計測技術,2011,vol.39,No.5,41-44
No.3
杉原,小原,飯島,江尻,南雲,大野,可視化情報,2010,Vol.30,Suppl.No.2,187-188
No.4
大野,山口,南雲,島津評論,2010,vol.67,No1・2,71-76
燃料電池酸素濃度可視化装置は新規開発した高性能酸素感応試薬と高速データ処理機能によって,燃料電池内で酸素がどのように消費されているかを高速非破壊でリアルタイムに把握できる装置である。酸素分布の直接的な情報を取得できることから,動作中のセル解析やシミュレーションの検証およびMEA(Membrane Electrode Assembly/ 膜・電極接合体)の評価に活用することによって,燃料電池の性能向上への手がかりを与えるものと期待する。
本稿では本装置の構成と本装置を用いた酸素濃度可視化の手順について述べる。
  No.4の論文をご希望の方は、お問い合わせフォームからご請求ください。
No.5
J. Inukai, K. Miyatake, K. Takada, M. Watanabe, T. Hyakutake, H. Nishide, Y. Nagumo, M. Watanabe, M. Aoki, and H. Takano, Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 2792-2795
家庭用に使用される固体高分子形燃料電池についてガス流路が観測できる可視化セルを用いて運転状態における酸素分布の可視化を実現し、発電と酸素分布との関係について解析をおこなっている。
No.6
J. Inukai, K. Miyatake, Y. Ishigami, M. Watanabe, T. Hyakutake, H. Nishide, Y. Nagumo, M. Watanabe, and A. Tanaka, Chem. Commun. 2008, 1750-1752
直接メタノール型燃料電池について、蛍光染料をコーティングした可視化セルを用いて運転状態での酸素分布の解析をおこなっている。

※Webからのお問い合わせはこちら
ページトップに戻る