燃料電池酸素濃度可視化装置

燃料電池酸素濃度可視化装置 FC-O2モニタ / 測定原理
燃料電池酸素濃度可視化装置の原理
燃料電池酸素濃度可視化装置の原理

新規開発した酸素濃度試薬に励起光を照射すると試薬は励起光を吸収して特定の波長の蛍光を発し、酸素濃度によってその蛍光強度が変化します。
燃料電池の正極側を透明物質にした可視化セルのガス流路にあらかじめこの試薬を塗布しておき、励起光を照射してその蛍光をカメラにて観測することで酸素濃度の可視化が可能となります。

※Webからのお問い合わせはこちら
ページトップに戻る