小形分光器スペクトロメイト

SPG-120シリーズとは、容易なシステムの構築・組換えと優れた光学特性を特長とするモノクロメータです。

集光レンズやスリット、検出器などのオプションは工具を用いることなくSPG-120シリーズに着脱できます。また入出射ポートを同軸に配置することで、光学レールを用いたシステムの構築ができます。光源と組み合わせた波長可変単色光源や、検出器などと組み合わせた光学特性測定装置など、多様な用途に適用できます。
[SPG-120シリーズ オプション]

また、効率が高く、F=3と明るい凹面ブレーズド・ホログラフィック・回折格子を使用したことにより、高いスループットが得られます。 定偏角マウントを採用し、マウントに対して回折格子溝形状を最適化したことによる高い結像性能を誇ります。
[モノクロメータ用凹面回折格子]

装置への組込み用でご検討されている方には、SPG-120シリーズに専用設計した周辺機器などを組合せたOEM品の供給にも対応いたします。

お客様の用途に合わせたシステム構成の提案も行いますので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォームヘ

製品情報

SPG-120-REV(高速・高耐久)

SPG-120(手動併用可)

分光器の選び方

SPG-120シリーズの波長駆動の方法は、SPG-120を手動で設定する方法と、SPG-120やSPG-120-REVにオプションを組み合わせてPC制御する方法があります。装置への組込みには高速波長駆動・高耐久なSPG-120-REVがおすすめです。それぞれの概略構成は以下表をご参照ください。また波長帯域に応じてUV(190~700nm)、S(200~900nm)、IR(700~2500nm)の3タイプがあります。UVとSの効率は、300nm程度で交差し、300nm以下をメインで使われる場合はUVをお選びください。

波長駆動方法 PC制御 手動設定
高速・高耐久 手動併用可
分光器 SPG-120-REV SPG-120 SPG-120
フィルタチェンジャ AT-120FLC
波長駆動装置 AT-120PLM
モータコントローラ SHOT-702(シグマ光機)

 

仕様

SPG-120 S/UV/IR

波長走査方式 サインバー方式
型名 SPG-120UV SPG-120S SPG-120IR
P/N 691-05300-04 691-05300-01 691-05300-03
波長範囲 190nm~700nm 200nm~900nm 700nm~2500nm
波長目盛り 3桁デジタルダイアル直読方式 4桁デジタルダイアル直読方式
分光方式 凹面回折格子・定偏角モノクロメータ
焦点距離 122.6mm1)
回折格子 収差補正型凹面ブレーズド・ホログラフィック回折格子
 溝本数 1200±2本 600±2本
 ブレーズ波長 250±25nm2) 350±35nm2) 1000nm±100nm2)
 回折効率 50 %以上3)
F値 F=34) F=35)
逆線分散 5.7nm/mm6) 10.0nm/mm7)
波長正確さ ±1.5nm8) ±1.5nm9) ±2.5nm10)
繰り返し波長精度 ±0.3nm11) ±0.5nm11)
分解能 1nm12) 2nm13)
波長駆動 オプション19):波長駆動装置AT-120PLM14)、モータコントローラSHOT-702(シグマ光機)、他
最高波長駆動速度 50nm/s 100nm/s
設定移動ピッチ 0.1nm
入出射光学系 オプション19):バンドルファイバ、FCファイバコネクタ、SMAファイバコネクタ、キセノンランプ集光レンズ、他
スリット オプション19):100µm、200µm、500µm、1mm、2mm
外形寸法・質量 W100mm×H110mm×D181mm(突起部除く)・2.4kg
動作温湿度範囲 10℃~40℃ 70%以下

SPG-120 S/UV/IR-REV

波長走査方式 モータ直動方式15)
型名 SPG-120UV-REV SPG-120S-REV SPG-120IR-REV
P/N 691-05640-02 691-05640-01 691-05640-03
波長範囲 190nm~700nm 200nm~900nm 700nm~2500nm
分光方式 凹面回折格子・定偏角モノクロメータ
焦点距離 122.6mm1)
回折格子 収差補正型凹面ブレーズド・ホログラフィック回折格子
 溝本数 1200±2本 600±2本
 ブレーズ波長 250±25nm2) 350±35nm2) 1000nm±100nm2)
 回折効率 50 %以上3)
F値 F=34) F=35)
逆線分散 5.7nm/mm6) 10.0nm/mm7)
波長正確さ16) ±1.5nm17) ±1.5nm18) ±2.5nm10)
繰り返し波長精度 ±0.3nm11) ±0.5nm11)
分解能 1nm12) 2nm13)
波長駆動 オプション:モータコントローラSHOT-702(シグマ光機)
最高波長駆動速度 500nm/s 1000nm/s
設定移動ピッチ 0.1nm
入出射光学系 オプション19):バンドルファイバ、FCファイバコネクタ、SMAファイバコネクタ、キセノンランプ集光レンズ、他
スリット オプション19):100µm、200µm、500µm、1mm、2mm
外形寸法・質量 W100mm×H160mm×D187mm(突起部除く)・3.0kg
動作温湿度範囲 10℃~40℃ 70%以下
1) 回折格子中心―出射スリット中心間距離
  2) 回折格子単体の値
  3) ブレーズ波長における回折格子単体の値
  4) 入射ポート側の400nmにおける値
  5) 入射ポート側の1000nmにおける値
  6) 入射ポートから光を入射した場合の出射ポートにおける値
  7) 入射ポートから光を入射した場合の出射ポートにおける1500nmでの値
  8) 波長の増える方向に走査 スリット幅100µm 測定F=8:当社規定の9波長
  9) 波長の増える方向に走査 スリット幅100µm 測定F=8:当社規定の11波長
  10) 波長の増える方向に走査 スリット幅100µm 測定F=8:当社規定の6波長
  11) 波長の増える方向に走査 スリット幅100µm 測定F=8:同一の測定光学系
  12) スリット幅100µm 測定F=8:低圧水銀灯の404.7nmの輝線測定時の半値幅
13) スリット幅100μm 測定F=8:低圧水銀灯の1092.1nmの輝線測定時の半値幅
14) モータ種類:5相ステッピングモータ 定格24V 0.7A/相
外部出力信号:機械原点信号、上限信号、下限信号
センサ電源:DC24V
15) モータ種類:5相ステッピングモータ 定格電流0.75A /相
外部出力信号:機械原点信号
センサ電源:DC5~24V
16) 温度範囲:25±5℃
17) 波長の増える方向に走査 スリット幅100µm 測定F=8:当社規定の8波長
18) 波長の増える方向に走査 スリット幅100µm 測定F=8:当社規定の10波長
19) オプションにつきましては、[オプションの一覧表]をご参照ください。

技術資料一覧

小形分光器SPG-120の原理や特性をご理解頂くために、各種技術資料をご用意しております。以下に代表的な技術資料を示します。技術資料をご希望の方は、弊社までご請求下さい。

番号 項目 内容 文書番号
1 回折効率 回折効率は回折格子単体と分光器の光学系を含む場合で異なります。小形分光器SPG-120の光学系における絶対回折効率を仕様の波長域で、P偏光、S偏光の偏光ごとに測定した例を示します。 SPG-120S RP31-1001
SPG-120IR RP31-1033
2 出力強度 分光器を単色光源として使用する場合、分光器とランプの組合せにより波長ごとの光の出力強度は異なります。小形分光器SPG-120を各種光源と組合せた場合の光の出力強度を測定した例を示します。 SPG-120UV+
キセノンランプ
HR41-7002
SPG-120S+
キセノンランプ
RP31-1042
SPG-120S+
ハロゲンランプ
RP31-1002
SPG-120IR+
ハロゲンランプ
RP31-1034
3 F値 F値は波長により変化します。また入射ポート側と出射ポート側で値が異なります。SPG-120の特性を示します。   RP31-1003A
4 逆線分散 逆線分散は波長により変化します。また入射ポート側と出射ポート側で値が異なります。SPG-120の特性を示します。   RP31-1004A
5 分光感度測定 単色光源、強度モニタ付きファイバホルダを組合せ、市販のパワーメータを利用する事で分光感度の特性を簡便に測定できます。キセノンランプを用いて、太陽電池(多結晶シリコン)の分光感度を測定する例を示します。   HR41-7023
6 波長移動時間の比較 従来型のサインバー型SPG-120に波長駆動装置を取り付けた構成と新型のモーター直動型SPG-120-REVの波長移動時間を比較した結果を示します。SPG-120-REVはSPG-120の構成と比較して、波長移動で10倍、また1nmピッチでの微小送りの波長移動時間では半減を実現しています。   HR41-7030