• HOME 
  • ニュース
  • 2018年
  • > 島津技迩(上海)商貿有限公司を完全子会社化 中国アフターマーケット市場の開拓へさらなる事業強化

2018年

プレスリリース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2018/07/23

島津技迩(上海)商貿有限公司を完全子会社化
中国アフターマーケット市場の開拓へさらなる事業強化

株式会社島津製作所(本社:京都市中京区、社長:上田輝久)は、中国における販売統括会社の島津(香港)有限公司(本社:香港、代表:馬瀬嘉昭)とジーエルサイエンス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:長見善博)が共同出資で設立した島津技迩(上海)商貿有限公司について、合弁契約を解消します。同社は両社が手掛ける分析計測機器および周辺機器のマーケティングと販売を行う企業でした。今後はジーエルサイエンスの出資分を島津(香港)有限公司が買い取り、同社の完全子会社となります。

島津製作所とジーエルサイエンスは2006年9月に分析機器・理化学機器事業に関する業務提携および両社間で株式を保有し合う資本提携を結びました。翌2007年7月に島津(香港)有限公司とジーエルサイエンス間にて島津技迩(上海)商貿有限公司を設立して以来、主に分析計測機器のアフターマーケット市場における事業拡大のために協力してきました。消耗品の販売では一定以上の成果を得られ、当初の目的は期待以上に達成できました。今後は両社が独自の戦略を推進することが中国でのさらなる成長につながると判断し、合弁事業を発展的に解消するという結論にいたりました。

島津(香港)有限公司は島津技迩(上海)商貿有限公司の完全子会社化によって、取り扱う商品のラインアップを増やして、よりスピード感を持って中国のアフターマーケット市場における事業拡大を目指していきます。

ページトップに戻る