• HOME 
  • ニュース
  • 2018年
  • > 女性活躍を推進する企業として2年連続で「なでしこ銘柄」に選定

2018年

お知らせ

2018/03/22

女性活躍を推進する企業として2年連続で「なでしこ銘柄」に選定


島津製作所は、女性活躍推進に優れた上場企業として、「なでしこ銘柄」に選定されました。当社の選定は、昨年度に続き2年連続です。

「なでしこ銘柄」は、経済産業省と東京証券取引所が、東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQの全上場企業約3,500社の中から、業種ごとに、女性が働き続けるための環境整備を含め、女性活躍を積極的に推進する企業を選定・紹介する事業です。2017年度は、全上場企業約3,500社の中から48社が、うち精密機器業種では当社のみが選定されています。

【女性活躍やワークライフバランスの推進に関する当社の取り組み】
当社は、「ダイバーシティは科学技術の源泉」という考え方のもと、社是である「科学技術で社会に貢献する」ため、ダイバーシティ&インクルージョンに取り組んでいます。

女性活躍の推進に関しては、次の行動計画を設定しています。
・毎年の正社員採用に占める女性比率を30%以上とする。
・多様で柔軟な働き方に対応する勤務制度を拡充する。
・管理職の女性比率を2020年までに5%(40名)にする。

また、仕事と家庭の両立を補助する制度として、育児休職中のキャリア維持を目的とする「職場復帰支援講習制度」や、ベビーシッターの利用料を一部補助する「チャイルドケアサービス利用支援制度」、利用者に占める男性社員の割合が60%を上回る「育児・介護等のためのフレックスタイム制度」などを多数設けています。

2017年12月25日からは、1時間単位での年休の取得を認める「時間単位年休制度」および育児・介護事由を有する社員の「在宅勤務制度」を導入するなど、従業員の自主性やワークライフバランスに配慮した多様な働き方を推進する制度の整備を進めています。

当社は、1948年に産前産後休暇制度を設けるなど、1875年の創業以来、従業員が働きやすい環境作りを進めてきました。女性やグローバル人財の活躍を推進する具体的な取り組みを通じて、これからも新たな科学技術の創造と社会課題の解決に取り組みます。

ページトップに戻る