• HOME 
  • ニュース
  • 2017年
  • > 民間航空機用装備品の製造子会社 「島津エアロテック株式会社」を設立

2017年

プレスリリース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2017/12/01

民間航空機用装備品の製造子会社 「島津エアロテック株式会社」を設立

株式会社島津製作所は、航空機器事業における注力製品である民間航空機用装備品の製造に特化した子会社「島津エアロテック株式会社」を設立します。

このたび設立する子会社は、戦略商品と位置づける民間航空機向け装備品の製造に特化することで生産効率を向上させ、競争力を高めて業績拡大に繋げることを目指しています。中でも重点を置く、フライトコントロールシステムに使用されるギヤ製品やエンジンアクセサリギヤボックスに組み込まれる高速回転ギヤに対しては、高難度な機械加工に対応できる機械設備群を新たに導入し、専用の製造ラインを増設します。

数十の製造工程を経て完成する航空機用ギヤには、極めて厳重な寸法や品質の管理が求められるため、当社では内製化を進めています。また、民間航空機向け装備品における当社の主要顧客は主に米国に位置していることから、材料調達や高難度な機械加工を国内の「島津エアロテック株式会社」で主に行い、部品調達や組立を米国子会社 Shimadzu Aircraft Equipment USAが担うなど、当社グループ全体でサプライチェーンの最適化を推進し、リードタイム短縮や品質の向上を目指します。

民間航空機市場は、今後も堅調に推移することが見込まれています。当社は、航空機器事業拡大のための主要施策として民間航空機器事業に注力することで、収益体質の強化を図ります。

【新子会社の概要】
・社名 島津エアロテック株式会社(英名:Shimadzu Aerotech Manufacturing, Inc.)
・代表取締役社長 本郷祐自
・所在地 京都市中京区西ノ京桑原町1(株式会社島津製作所 本社・三条工場北地区内)
・資本金 1億円
・出資比率 株式会社島津製作所100%出資
・設立日 2017年12月1日(稼働開始:2018年4月予定)
・従業員数 約70名(稼働開始時点)
・事業内容 フライトコントロールシステム向け機器、アクチュエータ、ギヤ関連製品など民間航空機用装備品の製造
ページトップに戻る