ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2017年9月19日 | プレスリリース 業績拡大に向けグローバル生産能力強化
- フィリピン工場の基板製造を2019年度に倍増 -

株式会社島津製作所(本社:京都市中京区、社長:上田 輝久)は、今後の業績向上にともなう増産に対応するため、フィリピンの製造子会社SHIMADZU PHILIPPINES MANUFACTURING INC.(SPM)の基板製造ラインを増設し、同社における基板生産高を2019年度に現在の2倍に引き上げます。また、2019年度までの3年間累計で3.5億円のコストダウンを図ることで、製品のコスト競争力を高め、業績向上に貢献します。

当社は4月にスタートした中期経営計画において2019年度4000億円以上の売上を目指しています。この売上増に対応するため、グローバルでの生産能力を引き上げる必要があり、今回、日本国内に比べ製造コストが有利なフィリピン工場を拡張し、プリント基板製造ラインを増設いたします。これによりフィリピン工場での生産高を2019年度には現在の2倍にあたる18億円に引き上げ、3年間累計で3.5億円のコストダウンを実現することを目指します。
当社は今後もグローバルでの生産体制を整備し、業績向上に努めてまいります。

SPMプリント基板製造ライン増設の概要

・名称 SHIMADZU PHILIPPINES MANUFACTURING INC.(SPM)
・住所 Phase 3, Lot 15, Block 15, Cavite EPZ, Rosario, Cavite, Philippines
・増設地 隣接する建物を購入
(建物面積3,700平方メートル、2017年8月30日引き渡し済み)
・事業目標 年間のプリント基板生産高2019年度18億円(2016年度実績9億円)
2019年度までの3年間累計で3.5億円コストダウン
・投資額 373百万円(建屋購入費、製造ライン増設費、生産・検査設備費など)
・人員計画 2019年度128名(2016年度86名)