ニュース

2017年2月27日 | お知らせ 「第53回島津全日本室内テニス選手権大会」で当社所属の桑田寛子が女子シングルス優勝

2月16日から2月26日に島津アリーナ京都で開催された「第53回島津全日本室内テニス選手権大会」において、当社テニスチーム「SHIMADZU Breakers」所属プロ選手の桑田寛子が女子シングルスで優勝しました。
 第1シードだった桑田寛子は、決勝戦で第4シードの荒川晴菜選手(吉田記念テニス研修センター)と対戦して7-5 6-0で勝利を収め、島津全日本室内テニス選手権大会初優勝を飾りました。
また、女子ダブルスでは、「SHIMADZU Breakers」所属の社員選手、西本恵/梶谷桜舞のペアがベスト4まで進出しました。

女子シングルスで優勝した桑田寛子

女子シングルスで優勝した桑田寛子

女子ダブルスでベスト4に進出した西本恵(右)/梶谷桜舞(左)

女子ダブルスでベスト4に進出した西本恵(右)/梶谷桜舞(左)

当社のテニスチーム「SHIMADZU Breakers」には社員としての業務も担う選手2名とプロ契約選手3名、計5名の女子選手が所属しており、日本一の実業団チームを決めるテニス日本リーグを現在4連覇中です。所属選手は、全日本選手権大会や島津全日本室内テニス選手権大会などの国内主要大会を始め、WTAランキング対象の国際トーナメントにも出場しています。
また、子どもを対象とするジュニアテニス教室の開催などを通じた社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

島津製作所テニスチーム「SHIMADZU Breakers」のWebサイトはこちら

島津全日本室内テニス選手権大会の公式Webサイトはこちら