ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2016年8月29日 | プレスリリース リンパ管を“見える化”して乳がんの転移診断を支援
近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION」を発売

近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION」

近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION」

島津製作所は、薬剤ICG(インドシアニングリーン)を励起して発生させた近赤外蛍光を撮影することでリンパ管を“見える化”し、乳がんの手術における転移診断を支援する近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION(ライトビジョン)」を8月29日に発売して、医療用近赤外光カメラ市場に参入します。

当社は、痛みをともなわない検査を実現する乳房専用PET装置「Elmammo(エルマンモ)」を2014年に発売するなど、最新の科学技術を応用し、罹患率が高まっている乳がんの検査や治療の支援に注力しています。新製品「LIGHTVISION」は、このような取り組みの一環で開発した製品です。

リンパ管に投与された薬剤ICGに「LIGHTVISION」から励起光を照射し、ICGから発生した肉眼では見えない微弱な近赤外光を撮影して画像化することで、組織表面下のリンパ管をリアルタイムで造影できます。手術中にリンパ管を”見える化”することで、執刀医は、切除するリンパ節の位置などをモニタで確認しながら手技を進めることが可能になります。乳がんの手術においては、がん細胞の転移を診断するために重要なセンチネルリンパ節の位置同定に有効です。

当社は、病気の早期診断や検査、治療、予後管理などへのトータルな貢献を目指しており、「LIGHTVISION」の応用による血管の造影にも取り組んでいきます。

開発の背景

乳がんは、国内において、女性がかかる部位別のがん罹患率が最も高く、早急な対策が求められています。乳がんの手術においてがん細胞の転移を診断するには、直径数mmのセンチネルリンパ節の位置を同定し、切除して病理診断する必要があります。センチネルリンパ節への転移が無ければ、腋窩リンパ節の切除を省略してリンパ浮腫を防ぐことができ、術後の患者QOL(Quality of Life)の維持に繋がります。そのため、執刀医は、リンパ節の位置を正確に把握し、迅速に手術を進めたいと考えています。

このようなセンチネルリンパ節の生検において、ICGを用いた蛍光法は近年注目されつつあり、日本乳癌学会が定める乳癌診療ガイドラインにおいて昨年推奨グレードBに登録されるなど、科学的根拠があり、実践するよう推奨されています。

当社は、長年にわたって光制御技術や生体組織の蛍光イメージング技術に取り組んでおり、これらの技術を医用画像診断分野に結びつけることで乳がんの手術を始めとする臨床分野に応用できると考え、近赤外光カメラシステムの開発を進めて「LIGHTVISION」として製品化しました。

新製品の特長

1. 高精細なハイビジョン画像の描出を実現

本製品は、ハイビジョン画像センサを内蔵しており、高精細な画像の描出が可能です。執刀医が手元を見ずにモニタを確認しながら手技を進めるのに十分な画質を確保しています。また、手術室の照明を消す必要も無く、明視野での撮影に対応しています。

2. 視認性に優れた3画像同時表示に対応

3画像同時表示への対応によって、可視+近赤外蛍光画像・近赤外蛍光画像・可視画像をリアルタイムで1つのモニタに表示でき、ひと目で画像の確認や比較が可能です。可視+近赤外蛍光画像においては、蛍光箇所を緑色や青色で示すこともでき、リンパ節およびリンパ管の位置の正確な同定に貢献します。

3. 手術室での使用に適した便利な機能や操作性

カメラアームは約180cmまで伸ばすことができ、最大倍率10倍の電動ズームや自動フォーカス、自動露光調整、自動ホワイトバランス調整に対応しています。また、本体の制御は、シンプルかつ取り外し可能なコンソールから簡単に実行できます。

名   称 近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION(ライトビジョン)」
価   格 2,400万円~(税別、システム構成により異なる)

製造販売届出番号(医療用)

26B1X00003000264 可搬型手術用顕微鏡[近赤外光カメラシステム LIGHTVISION]

詳しい製品説明についてはこちら