ニュース

2016年5月10日 | お知らせ 当社契約プロテニス選手・桑田寛子が国際大会で優勝

当社契約プロテニス選手の桑田寛子が、5月1日から5月8日に岐阜県・長良川テニスプラザで開催された「カンガルーカップ国際女子オープンテニス2016」の女子シングルスにおいて優勝しました。
ノーシードから勝ち上がった桑田寛子は、5月8日の決勝戦で、第1シードだった中国のWang Qiang選手を6-2、2-6、6-4で破り、このレベルの国際大会で初優勝を飾りました。
また、女子ダブルスでも、奥野彩加選手(Club MASA)とのペアで準優勝しました。
今大会での優勝により、5月10日現在の桑田寛子の女子シングルス世界ランキングは204位から150位まで上がっています。
桑田寛子は「1回戦からタフな試合が続きましたが、毎試合自分のやるべきことを明確にして試合に臨むことができました。今回の優勝により、もっと上の大会にチャレンジできるようになると思うので、シングルストップ100に入るために挑戦していきたいと思っています」とコメントしています。

優勝した桑田寛子(プロカメラマン・横山芳治氏撮影)

優勝した桑田寛子(プロカメラマン・横山芳治氏撮影)

当社の女子テニスチームは、毎年テニス日本リーグに出場するほか、全日本選手権大会、島津全日本室内テニス選手権大会などの国内主要大会や、WTAランキング対象の国際トーナメントに出場しています。
また、子どもを対象としたジュニアテニス教室の開催などを通じて、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

島津製作所テニス部のページはこちら