ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2016年3月22日 | プレスリリース 作動油不要で疲労・耐久試験における環境負荷を低減
電動サーボ加振機「NJ-SERVO」を発売

電動サーボ加振機「NJ-SERVO」

電動サーボ加振機「NJ-SERVO」

島津製作所は、油圧源を必要としない電動モータ式で高い汎用性を備えており、自動車部品や駆動部の耐久試験を省電力で行える電動サーボ加振機「NJ-SERVO(エヌジェイ サーボ)」を3月22日に発売します。

本製品は、試験体(サンプル)に数万回単位で繰り返し力を加えて耐久性を評価するためのサーボアクチュエータで、電動モータを駆動源としています。

本製品は、油圧サーボ加振機やモータ駆動式精密万能試験機など様々な材料試験装置で当社が培ってきた技術を生かして開発したものです。従来の油圧式加振機で必要だった油圧源の設置や定期的な作動油の交換は不要です。また、同等仕様の当社油圧式加振機との比較では、電力消費量を最大75%削減して試験を行える場合もあるなど、お客様の環境負荷低減に貢献します。

  • ※ 最大荷重10kN・±40mmのストロークで、7日間連続運転した場合

開発の背景

自動車部品や完成車メーカーを中心とする輸送機業界では、堅牢かつ軽量な新素材や新機構の研究開発が進んでいることから、安全性と信頼性を高める目的で様々な部品に対する耐久性評価のニーズが高まっています。このような耐久試験には油圧サーボ加振機が多く用いられている一方で、環境配慮意識の高まりや使い勝手の観点から、試験力±5~10kN前後の低荷重の加振機は、作動油が不要で消費電力が比較的少ない電動式への置き換わりが進むと予想されています。

このような背景のもと、当社は、省電力かつセッティングの自由度が高い「NJ-SERVO」をラインナップに加えることで、お客様の仕様と用途に合わせて電動式と油圧式の両面から幅広い提案を可能にします。加振機を最も多く使用する輸送機業界を中心に拡販を図り、発売から1年間で20台の販売を目指します。

新製品の特長

1. 作動油の定期交換は不要、電力消費量も削減

本製品は、電動モータを駆動源としているため、油圧式で必須だった作動油の定期交換やバルブの定期交換は不要です。また、同等仕様の当社油圧式加振機との比較では、電力消費量を最大75%削減して試験を行える場合もあり、コストと環境負荷低減に貢献します。特に大手の自動車関連メーカーを始めとする複数台の加振機を導入しているメーカーには、本製品のような電動式への置き換えが有効です。

2. 高精度な疲労試験を簡便に実現

高性能なファームウェアなどによって従来から好評な当社独自のフルデジタル制御技術により、試験体に与える力を正確に制御し、設定した試験条件を極めて忠実に再現できます。制御用コントローラのインターフェイスには、タッチパネルディスプレイやダイヤルを採用しており、直感的な操作が可能です。

3. 油圧源が不要、省スペースで高い汎用性を実現

±10kNモデルの標準的な当社油圧式加振機に用いられる設置面積約0.4m2の油圧源や約2m2の水冷システムの設置を必要としない省スペースな本製品は、使用にあたっての最小構成が本体・サーボアンプ・制御用コントローラのみとなっており、設置・取り付けの自由度が高まりました。

名   称 電動サーボ加振機「NJ-SERVO(エヌジェイ サーボ)」
試験力±5kNモデルの価格 1,530万円(本体・サーボアンプ・制御用コントローラ込み、税別)
試験力±10kNモデルの価格 1,740万円(本体・サーボアンプ・制御用コントローラ込み、税別)

詳しい製品説明についてはこちら