ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2015年11月11日 | プレスリリース グローバル戦略商品・民間航空機向け機器事業の拡大に向けて
ボーイング社航空機向け機器3品目の製造を担当

島津製作所は、世界最大の航空機メーカーであるボーイング社製の航空機に搭載される構成品について、受注していた3品目の納入を順次開始するのでお知らせします。

ボーイング社に納入する3品目は以下の通りです。

  • ボーイング737 MAX向け「APU Air Inlet Door Actuator」
  • ボーイング777型機向け「APU Air Inlet Door Actuator」
  • ボーイング737 MAX向け「Ground Spoiler Control Module」

ボーイング737 MAXは2016年に初飛行が予定されている機体であり、ボーイング社のプレスリリースによると、2015年9月15日の時点で世界58の航空会社から2,869機を受注しています。当社は、民間航空機向けの製品をグローバル戦略商品として位置づけており、売上高の拡大を目指します。

APU Air Inlet Door Actuator (エーピーユー エア インレット ドア アクチュエータ)について

「APU Air Inlet Door Actuator」は、APU(Auxiliary Power Unit(オグジュアリー パワー ユニット):補助動力装置)のガスタービンエンジンの駆動に必要となる新鮮な空気を機体内部へと取り入れるためのドアを開閉させる電動モータ駆動のアクチュエータです。当社は、これまで、ボーイング747/747-8/757/767/787向けの「APU Air Inlet Door Actuator」の製造も担当してきました。このような実績を評価いただいたことなどがこのたびの受注・納入に繋がったと考えています。

Ground Spoiler Control Module(グランド スポイラー コントロール モジュール)について

「Ground Spoiler Control Module」は、着陸時に接地した機体の速度を速やかに低減させて着陸距離を縮めるグランド・スポイラーシステムに組み込まれた油圧アクチュエータへの油圧供給を行うバルブです。当社が「Ground Spoiler Control Module」を生産するのは今回が初めてであると同時に、グランド・スポイラーシステムに組み込まれる機器や部品をボーイング社向けに供給するのも本件が初となります。

参考:ボーイング社の航空機について(ボーイング社Webサイトより)

ボーイング737 MAX

ボーイングの737型機は、その信頼性の高さから世界で最も成功を収めている民間航空機です。特に次世代737型機は、初号機就航以来、99.7%という業界最高の定時運航率を誇り、単通路機市場での737型機の地位を確固たるものにしてきました。ボーイング社では、その737型機のさらなる性能向上に向け、2011年8月、最新派生型である737 MAXの開発を決定しました。737 MAXは、次世代737型機が誇る信頼性に加え、単通路機市場で最高となる燃料効率性を実現します。737 MAXの開発は順調に進捗しており、2013年7月には機体仕様も決定し、2016年に初飛行、初号機のデリバリーは2017年を予定しています。

ボーイング777型

777型機は、世界市場で大きな成功を収めている航空機です。運航会社にこれまでにない高い価値を提供して航空会社の発展に貢献しており、世界の航空会社の上位10社中、9社が777型機を運航しています。航空会社にとっての最大関心事である定刻運航に関しても、今や777型機は業界基準となっており、フライトの欠航、離陸後の引き返しや着陸空港の変更などの件数が、競合機の半分であることも777型機の信頼性の高さを表しています。

島津製作所の航空機器事業について

当社は、1955年に航空機器事業を再開して以来、米国の航空機関連企業との技術ライセンスを交えて、数多くの航空機搭載機器を開発・生産してきました。民間航空機向けの分野では、ボーイング社の737型機用品目の生産を1976年から開始し、その後もボーイング社の航空機向けにギアボックスや空気系統チェックバルブ、電気機械式アクチュエータを始め、ドア、脚、翼用関連機器などの品目を受注しています。
2013年からは、ボーイング737/747/767型機の飛行制御システムの構成品である水平尾翼昇降舵フィールアクチュエータ(Feel Actuator)の製造を担当しています。

  • 島津製作所航空機器事業の売上高:248億4,800万円(2015年3月期)
参考画像:今回納入を開始した製品と同タイプのAPU Air Inlet Door Actuator

参考画像:今回納入を開始した製品と同タイプのAPU Air Inlet Door Actuator