ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2015年7月2日 | プレスリリース 株式会社島津製作所と古河電気工業株式会社が
ダメージレス・セルソーター「PERFLOW® Sort」の国内販売契約を締結

株式会社島津製作所
古河電気工業株式会社

PERFLOW(R) Sort

PERFLOW® Sort

株式会社島津製作所(本社:京都市中京区、社長:上田輝久、以下 島津製作所)と古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区、社長:柴田光義、以下 古河電工)は、古河電工の製造・販売するダメージレス・セルソーター「PERFLOW® Sort(パーフロー・ソート)」について国内販売契約を締結しました。

セルソーターは、特定の細胞を分取する目的で使用される装置です。分離した個々の細胞にレーザ光を照射して生じる散乱光や蛍光等から細胞を識別し、それらの情報に基づき特定の細胞を分取します。古河電工が開発したPERFLOW® Sortは、通常のセルソーターと異なり、細胞を分離する際に超音波や高電荷を用いず、かつ従来の1/10以下の水圧で送液することで、細胞の分離工程における主な物理的ダメージ要因を極限まで低減した装置です。ヒトiPS細胞、ヒトES細胞及び神経幹細胞等の極めてデリケートな生細胞をソーティングしても、これまでに得られなかったような良質なコロニーを形成することに成功しています。再生医療や創薬の研究開発分野において、幹細胞の活用が盛んになる中、細胞生存率が高く、かつ増殖能や分化能への影響を大幅に低減した本製品への注目度はますます高まっています。

島津製作所は、新事業戦略の一つとして細胞解析事業の深耕に注力しており、細胞の培養状態の非侵襲的なモニタリングなど、培養品質の向上を目的とした機器およびソリューションの提供に取り組んでいます。このたび、細胞への侵襲性が極めて低いPERFLOW® Sortを新たにラインナップに加え、ライフサイエンス市場における経験とネットワークを活用して販売します。

古河電工は、PERFLOW® Sortをはじめ、シングルセルの解析及びその選別利用に関する優位性技術と商品開発力を軸に、再生医療や創薬分野において生細胞、特に分化誘導を必要とするiPS・ES細胞や癌幹細胞等の先端研究に貢献するべく、同分野に向けた事業を強化してまいります。

両社はライフサイエンス分野におけるそれぞれの優位性技術と商品開発力を生かし、今後も連携してライフサイエンス分野の発展に貢献してまいります。

詳しい製品説明についてはこちら