ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2015年3月18日 | プレスリリース 民間航空機向けビジネス拡大施策
米国カリフォルニア州ロングビーチの子会社新工場が完成

竣工式の様子

竣工式の様子

島津製作所100%出資の米国子会社シマヅ プレシジョン インスツルメンツ インク(Shimadzu Precision Instruments, Inc.、以下「SPI」、社長:中村裕)が米国カリフォルニア州ロングビーチのダグラス・パーク内で建設を進めていた民間航空機ビジネス向けの新工場建屋が完成し、現地時間3月12日に竣工式を執り行いました。これに伴い、カリフォルニア州トーランスの工場およびSPI本社は、民間航空機ビジネス拡大のため、延床面積を倍増した新工場へ移転します。

これまでトーランスの工場では組立・試験・修理事業を行なっていましたが、新工場は、これらの機能の他、部品加工・表面処理の能力を追加して製造工場としての機能を強化しました。また、修理職場の面積は従来と比較して2倍以上となり、取り扱い品目の拡大も計画しています。Boeing社やHoneywell社といった米国顧客を中心に、世界各国の航空会社へ優れたサービスの提供を目指します。

当社航空機器事業部は、本社の航空機器工場とSPIの新工場で、グループ全体として最適な製造戦略を推進することで、製品開発スピードの向上、コスト削減、為替リスクの回避などを進め、高品質かつ価格競争力のある製品やサービスを顧客ニーズに合わせて提供できるよう努めます。

新工場の概要

所在地 : 3645 North Lakewood Blvd., Long Beach, CA 90808
延床面積 : 5,462m2(うち工場面積4,135m2
着工 : 2014年7月
稼働開始 : 2015年6月(SPI本社移転:2015年4月)
投資金額 : 約12億円
主要生産品目 : エンジン・アクセサリ・ギアボックス、操縦系統/降着装置/貨物扉アクチュエータなど