ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2014年3月24日 | プレスリリース 新中期経営計画について(2014年4月~2017年3月)

株式会社島津製作所は、2014年4月から新たな中期経営計画をスタートします。真のグローバル企業を目標に、“世界の顧客の成長に資するイノベーティブカンパニー”を目指してまいります。

新中期経営計画(2014年4月‐2017年3月)の概要

2014年4月から2017年3月までの新中期経営計画では、連結売上高3500億円・営業利益350億円(営業利益率10%)・海外売上高1840億円(海外売上高比率50%以上)を目標とします。

1. 基本方針

前中期経営計画の『真のグローバル企業へ』、“世界の顧客に選ばれるNo.1パートナー”をさらに一段進める内容とし、「成長戦略」「収益構造改善」「グローバル組織・体制の強化」により、“世界の顧客の成長に資するイノベーティブカンパニー”を目指します。

成長戦略

  • 高度な技術と潜在ニーズを結実させた商品による市場の活性化
  • 先進的な顧客との共同研究の拡充による新分野への展開
  • 新興市場での成長力を確実に取り込むための事業基盤の構築
  • 商品のライフサイクルをにらんだ顧客にとって最適なサービスの提供

収益構造の改善

  • 損益分岐点の改善(材料費比率の改善、管理可能経費の削減)
  • 棚卸資産の圧縮

グローバル組織・体制の強化

  • グローバルベースでのコンプライアンスの徹底
  • 迅速な経営情報の把握による環境変化への対応力の強化
  • グローバル人材育成制度の強化

2. 経営目標

上記方針のもと、経営のスピードを加速し、2017年3月期に連結売上高3500億円・営業利益350億円(営業利益率10%)・海外売上高1840億円(海外売上高比率50%以上)を目指します。

数値目標

単位:億円
  2017.3期計画 2014.3期 増加額 増加率
売上高 3500 2980 520 17.4%
営業利益 350 220 130 59.1%
 営業利益率 10% 7.4% 2.6ポイント向上
海外売上高 1840 1428 412 28.9%
 海外売上高比率 52.6% 47.9% 4.7ポイント向上

 

  • ※3ヵ年の平均想定為替レート:1ドル=95円、1ユーロ=130円

事業セグメント別売上目標

単位:億円
  2017.3期計画 2014.3期 増減額 増減率
計測機器 2150 1795 355 19.8%
医用機器 660 590 70 11.9%
航空機器 245 240 5 2.1%
産業機器 370 295 75 25.4%
その他 75 60 15 25.0%
合計 3500 2980 520 17.4%

地域別売上高目標

単位:億円
  2017.3期計画 2014.3期 増加額 増加率
日本 1660 1552 108 7.0%
米州 440 364 76 20.9%
 (北米) (360) (300) (60) (20.0%)
欧州 300 233 67 28.8%
中国 670 498 172 34.5%
その他のアジア 310 225 85 37.8%
 (インド) (90) (62) (28) (45.2%)
その他 120 108 12 11.1%
合計 3500 2980 520 17.4%

3. 投資計画

新中期経営計画を実行するために、積極的な投資を計画しています。3ヵ年の設備投資額を520億円、研究開発投資額を500億円としています。

設備投資の主な内容

  1. 製品開発力強化(150億円)
  2. 海外拠点機能拡充(60億円)
  3. アフターマーケット機能強化・ITインフラ整備(70億円)

研究開発の主な内容

  1. MSを中心とした超高感度・超高分解能技術の開発
  2. 臨床分野での拡大を目指した先進的診断技術の開発
  3. ミドルロー製品の開発強化

4. 人員計画

3ヵ年で1,130名の人員増加を計画しており、2017年3月期にはグループ従業員を11,880人とする予定です。うち700名は海外での増員予定です。

5. 事業戦略

各事業セグメントの業績目標と事業戦略は以下の通りです。

1. 計測機器セグメント

業績目標

単位:億円
  2017.3期計画 2014.3期 増加額 増加率
売上高 2150 1795 355 19.8%

事業戦略

  1. MS事業:超高感度・超高分解能MS技術の持続的な開発推進、法規制分野での展開強化、顕微MS“iMScope”の展開強化、臨床診断での取り組み推進
  2. LC事業:高効率新システムの投入、バイオ医薬品およびジェネリック医薬向け製品の強化、新興国向け戦略製品の投入、カラム等消耗品商材の拡大
  3. GC事業:ハイエンドおよびミドルローエンドの新製品の投入、シェールガスや再生エネルギーなどの新エネルギー分野での取り組み強化
  4. 新しいビジネスモデルの展開:統合ネットワークサービスの提供、新ビジネスモデルのグローバル展開
  5. 先進研究者との連携強化:日・米・欧・中にイノベーションセンターを開設、先進的な顧客との共同研究の拡充

2. 医用機器セグメント

業績目標

単位:億円
  2017.3期計画 2014.3期 増加額 増加率
売上高 660 590 70 11.9%

事業戦略

1. X線診断装置事業の強化
  • 回診装置・撮影装置の強化:マルチベンダーFPD対応、先進的なアプリケーション搭載による差別化、アライアンス強化による拡販
  • 米国・中国を中核にした海外事業の拡大推進:米国東部でのマーケティング・営業拠点の設立による顧客深耕、中国現地生産機種の拡大および代理店網の拡充
2. 新分野での展開
  • 早期診断分野での展開:肺がん、乳がん、骨粗鬆症などの早期診断を 実現する装置の開発
  • 治療分野での展開:放射線治療用動体追跡装置、外科手術支援システムなどによる治療分野での拡大
  • 分子イメージング研究:超高感度PETの開発

3. 航空機器セグメント

業績目標

単位:億円
  2017.3期計画 2014.3期 増加額 増加率
売上高 245 240 5 2.1%

事業戦略

  1. 防衛事業:コンプライアンスの徹底、収益力の向上を目指した組織変更
  2. 旅客機事業:旅客機搭載機器事業の拡大促進(ボーイング社等とのアライアンス強化による機種拡大、エアライン向け修理事業の強化、米国新工場設立)、旅客機用機器事業の収益力向上のための製造体制の構築

4. 産業機器セグメント

業績目標

単位:億円
  2017.3期計画 2014.3期 増加額 増加率
売上高 370 295 75 25.4%

事業戦略

  1. ターボ分子ポンプ:磁気浮上型TMPのラインアップ拡充によるNo.1ポジションの確立、ボールベアリング型TMPの投入による新規市場への参入、サービス事業拡大による収益力の向上
  2. 太陽電池用CVD装置:日本・中国・台湾のセルメーカーへの拡販
  3. 油圧機器:海外での顧客開拓、フォークリフトに加えて建機・農機等への拡大、中国での現地生産の拡大

5. アフターマーケット

業績目標

単位:億円
  2017.3期売上計画 2014.3期売上比
計測機器 324 +21%
 (内)保守等サービス (280) (+22%)
 (内)消耗品 (44) (+13%)
医用機器 保守等サービス 165 +15%
産業機器 保守等サービス 26 +63%
計測機器

商品のライフサイクルをにらんだ顧客にとって最適なサービスの提供

  • 装置の保守・定期点検、部品・消耗品の交換、マルチベンダーサービス
  • 実験室の新設、移設の請負サービス
医用機器

サービス内容の拡充:部品定額保証サービス、双方向リモートサービス

産業機器

ターボ分子ポンプのサービス拡充:エンドユーザー向け直接サービスおよび定期オーバーホール作業の拡大

6. 海外重点地域戦略

1. 北米

売上(単位:億円) 2017.3期計画 2014.3期見込 増加額 増加率
北米 360 300 60 20.0%
計測機器
  • バイオ医薬・ヘルスケア分野での展開加速
  • シェールガス等、新エネルギー分野での拡販
医用機器
  • 米国東部に拠点を新設、マーケティング・販売機能を強化
  • 回診車に加え、X線TV、循環器装置の販売を強化
航空機器
  • 米国新工場設立による旅客機搭載機器事業の拡大
産業機器
  • ターボ分子ポンプエンドユーザー向けサービス事業を拡大
  • 油圧機器の北米現地顧客の開拓促進

2. 欧州

売上(単位:億円) 2017.3期計画 2014.3期見込 増加額 増加率
欧州 300 233 67 28.8%
計測機器
  • 製薬・食品・環境およびヘルスケア分野での拡大
  • 試験機を素材・自動車また大学・官公庁向けに拡販
医用機器
  • 西欧での直販体制を拡充、販売・サービス体制を強化
産業機器
  • 油圧機器の欧州現地顧客の開拓促進

3. アジア

売上(単位:億円) 2017.3期計画 2014.3期見込 増加額 増加率
中国 670 498 172 34.5%
その他のアジア 310 225 85 37.8%

中国

計測機器
  • MSセンターの新設、ハイエンド顧客に向けたアプリケーション等の高度な技術サービスを提供
  • 中国での製品現地開発を加速、規制強化が進む分野に向けた製品の開発を加速
医用機器
  • 中国生産機種の拡大および現地部品調達の拡大によるコストダウン推進
産業機器
  • 油圧機器の中国現地生産の拡大と販売分野の拡大

アセアン・インド

計測機器
  • 販売拠点の拡充(マレーシア・タイ・インド)
  • 官公需・日系企業対策
  • 新たな生産拠点の立ち上げ
医用機器
  • 各国の医療衛生向上政策にともなう需要に積極的に対応

7. 新事業戦略

ライフイノベーション

疾病の早期発見や治療成績の向上に有用な新たなソリューションを提供し、予防・診断・治療・予後管理をトータルで支援する事業を展開します。
2017年3月期売上目標:110億円以上
(分子診断:57億円、細胞解析:20億円、画像診断・治療支援:33億円)

  • 分子診断:疾患メカニズムを解明し、疾患の超早期診断を実現
  • 細胞解析:移植細胞の確実な品質管理を実現
  • 画像診断:特定部位の早期診断や術中支援への画像診断技術の応用
グリーンイノベーション

エネルギー・社会インフラ・環境分野での新事業確立に挑戦します。

  • エネルギー:クリーンエネルギーの開発に必要な計測機器の開発、高効率火力発電における燃焼制御用高速ガス分析計の開発
  • 社会インフラ:設備の劣化診断・寿命管理に必要な計測技術の開発
  • 環境分野:先進的環境測定モニターの開発