ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2014年3月13日 | プレスリリース 民間航空機ビジネス拡大施策
米国カリフォルニア州に子会社新工場を設立

島津製作所の米国子会社(100%出資)のシマヅ プレシジョン インスツルメンツ インク(Shimadzu Precision Instruments, Inc、以下「SPI」、社長:中村裕)は、民間航空機ビジネス拡大施策の一環として、カリフォルニア州ロングビーチに新工場を設立するとともに機能の強化を行います。

当社の民間航空機ビジネスは、2000年よりSPIがカリフォルニア州トーランスにてその一端を担ってまいりました。
今後さらなる成長が見込まれる民間航空機市場を見据え、これまで展開してきた調達・組立及び試験・アフターマーケット事業をさらに拡大することを目指して、また新たに機械加工・表面処理の内製化による一貫生産によりコストダウンとリードタイムの短縮を実現することを目的に、大口顧客に近いカリフォルニア州ロングビーチに新工場を設立することにしました。
なお、表面処理事業については、旭金属工業株式会社(本社 京都市)と業務提携を行います。
新工場は2014年末の完成、2015年初頭からの稼動を予定しています。

新工場の概要は、つぎのとおりです。

所在地 : 3645 North Lakewood Blvd., Long Beach, CA 90808
敷地面積 : 13,600m2
建築面積 : 4,770m2
投資金額 : 建屋・付帯設備合わせて約14百万USドル(約13億3千万円)

現在、SPIの民間航空機ビジネスの年間売上高は約20億円ですが、新工場の設立により、2020年までに35億円を目指します。

新工場完成予想図

新工場完成予想図