ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2014年3月6日 | プレスリリース 島津製作所と宮崎県が技術連携に関する基本合意書を締結
- 残留農薬や機能性成分の分析方法の確立により食の安全・安心・健康に貢献 -

株式会社島津製作所(社長:中本 晃、京都市中京区)は本日、宮崎県(知事:河野 俊嗣)と食の安全・安心と健康のための技術開発推進を目的とした技術連携に関する合意書を締結しました。食品の安全性試験方法や栄養・機能性成分の分析方法を確立することにより、人々の安全・安心で健康な食生活の実現に取り組みます。

全国有数の農林水産業の産出額を誇る宮崎県は、平成25年に「みやざきフードビジネス振興構想」を策定し、食関連産業(フードビジネス)の総合的な成長産業化に向けた展開を進めています。県では総合農業試験場において残留農薬等の約420 成分を2時間という短時間で一斉分析できる高い残留農薬分析技術と検査業務の運営にかかる豊富な経験・人材を有しており、みやざきブランドの確立に努めています。

島津製作所は、クロマトグラフや質量分析計など、試料に含まれる多成分を高感度に定性定量する高度な分析計測技術を有しており、多様な成分ライブラリとの組み合わせによる残留農薬分析や機能性成分の分析システム等、食の安全・安心分野における技術および製品開発に実績があります。平成24年度からは科学技術振興機構(JST)先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として、大阪大学を中心とし、ハイスループット(多成分一斉分析)、高感度・高分離能力を持つ世界初の残留農薬等分析装置である超臨界流体抽出分離システム(SFE-SFC-MS)の開発に取り組んでいます*。従来、農薬を網羅的に検出するためガスクロマトグラフと液体クロマトグラフの2種類の装置を必要としていた分析の多くを、本システム1台でカバーすることが可能になります。約500種類の農薬を高感度かつ1時間以内という短時間で分析できる本システムにより、残留農薬分析の大幅な時間短縮が実現できると期待されます。

今回の技術連携により、島津製作所は豊富な農林水産資源とそれらを活かす技術を有する宮崎県の知見を取り入れ、同システムの実用化開発等を推進し、高機能・高品質な農産物の供給体制の構築をサポートすることによって、食の安全と人々の健康増進への貢献を目指します。

技術連携のテーマ

  1. 質量分析計を用いる超臨界流体抽出分離システム(SFE-SFC-MS)による食品の安全性(農薬)試験方法の確立、及び当該試験方法についての厚生労働省による妥当性評価確立
  2. 農産物中の栄養・機能性成分の分析法の検討及び分析法標準化
  3. 近赤外光を利用した農産物の選別技術の基礎検討
  • * JST先端計測分析技術・機器開発プログラム 機器開発タイプ
  • 開発課題名:「質量分析用超臨界流体抽出分離装置の開発」(開発期間 平成24年度~26年度(予定))
    チームリーダー:馬場 健史(大阪大学大学院工学研究科 准教授)
    サブリーダー:冨田 眞巳(株式会社島津製作所 分析計測事業部LC ビジネスユニット 部長)