ニュース

2013年11月11日 | お知らせ 当社契約プロテニス選手今西美晴が全日本テニス選手権で準優勝、混合ダブルスでは優勝

当社契約プロテニス選手の今西美晴が、11月1日(金)から10日(日)まで東京都江東区・有明テニスの森で行われた第88回全日本テニス選手権大会の女子シングルスで準優勝しました。9日に行われた決勝戦では、穂積絵莉選手(レック興発)と対戦し、惜しくも優勝には届かなかったものの、4-6、6-4、4-6と善戦し、最後まで健闘しました。

また、混合ダブルスでは、田川翔太選手(早大)とのペアで決勝戦に進出し、6-3、6-4で第一シードの奥大賢・宮村美紀(ミヤムラテニスセンター)を破り、初優勝しました。

当社の実業団女子テニスチームは、毎年テニス日本リーグに出場するほか、全日本選手権大会や島津全日本選手権大会などの国内主要大会や、WTAランキング対象の国際トーナメントにも出場しています。
また、テニス振興を目的とし、子どもを対象としたジュニアテニス教室で講師を務めるなど、地域貢献事業にも積極的に取り組んでいます。
現在、社員としての業務も担う選手2名と、プロ契約選手4名の合計6名が在籍しています。

スポーツを通じた弊社の社会貢献活動についての詳細はこちら