ニュース

2013年11月5日 | お知らせ ベトナム国家大学から研修生2名を受け入れ

当社は、ベトナム国家大学(VNU)から研修生2名を受け入れ、分析計測機器のアプリケーショントレーニングを行いました。これは、当社社長中本晃が、VNUから名誉博士号を授与されたことに対する人材育成協力支援の一環であり、「SHIMADZU-A.Nakamoto SCHOLARSHIP」という名の下に実施されたものです。
選抜された2名は、10月7日から本社グローバルアプリケーション開発センターにてトレーニングを受け、11月1日に研修を修了しました。
研修では、人の健康に関わる食品の安全性評価や先端材料としても注目されている高分子材料の研究開発・品質管理をテーマに取り上げました。そして、それらに用いられる分析計測機器の特色、前処理を含めた分析手法および応用事例についての理解を深めていただきました。また当社の超高速質量分析計UFMSシリーズをはじめ、光分析機器(分光光度計)、熱分析装置、材料試験機などの分析計測装置の操作やデータ解析の実習を行いました。
VNUはベトナムにおける先進教育・研究の主要な拠点であり、同校と当社は、共同で設立した最先端研究所の発展と活用を目指しています。
当社は、世界に開かれた企業として人材の交流を活発に行い、国際社会と協調した企業活動に取り組んでまいりますので、ここにお知らせいたします。