ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2013年5月15日 | プレスリリース 12インチ角FPD搭載バイプレーン血管撮影システムを発売
- 『最高画質』『優れた操作性』『安全と安心』を追求した Triniasシリーズの新製品 -

左:Trinias B12 package、右:SMART Display

左:Trinias B12 package、右:SMART Display

島津製作所は、2方向から同時に観察が可能なCアームに12インチ角サイズフラットパネルディテクタ(FPD)を搭載したバイプレーン血管撮影システム「Trinias(トリニアス) B12 package」を発売します。またTriniasシリーズのオプションとして、血管内治療(インターベンション)に必要な画像情報を自由にレイアウトして表示することができる56インチ高精細液晶カラーディスプレイ「SMART Display」を同時発売します。

患者さんのQOL(Quality of life)に対する意識の高まりなどを背景に、体にメスを入れる外科治療に比べて侵襲性が低く患者さんに優しい治療法として、X線透視・撮影を行いながら皮膚にあけた穴からカテーテル(医療用細管)を血管に挿入して行うインターベンションの件数は、年々増加しています。
なかでも、治療箇所の解剖学的構造を詳細に把握する必要がある脳神経系インターベンションや、不整脈に対する心臓アブレーション治療においては、一回の造影で2方向からの透視・撮影ができ、また検査時間の短縮・造影剤使用量の低減等により患者さんの負担を軽減できるバイプレーンシステムが有用です。

そこで当社は、『最高画質』『優れた操作性』『安全と安心』をコンセプトとし、患者さんにとって優しい装置を実現した「Triniasシリーズ」のバイプレーンシステムとして、「Trinias B12 package」を開発しました。
本製品は汎用性の高い12インチ角のFPDを採用しており、1台で頭部・心臓・腹部・四肢まで全身をカバーできます。頭部片側への集中的なX線被ばくを緩和するため、バイプレーンシステム独自の被ばく低減機能としてX線管球の左右位置切替機能を有しています。
また、本製品のオプションとして、高度なインターベンションを支援する3Dアンギオグラフィ「SCORE 3D」、CアームCT「SCORE CT」といったアプリケーションの使用が可能です。

「SMART Display」は、従来検査室内の多数のモニタを煩雑な作業で切り替えていたものを、大型の56インチ高精細カラーディスプレイとタッチパネルで術者が容易にレイアウト選択できるシステムであり、術者によるスムーズな手技を支援します。

当社は、本製品をグローバル戦略製品として位置づけており、全世界、特に先進国において拡販を図ります。

新製品の特長

Trinias B12 パッケージ

『最高画質』『優れた操作性』『安全と安心』
Trinias独自の画像処理エンジンにより、従来に比べてノイズを20%抑えつつ、治療用デバイスの視認性を向上させました。
またバイプレーン時でも15°/sの高速ポジショニングを実現するとともに、シングルプレーン⇔バイプレーンの切替も素早く行えるため、ストレスのないスムーズな操作環境を提供いたします。コンパクトなCアーム、正面アーム基台部のトリプルピボット構造により患者さんに対しマルチアクセスが可能であり、手技・治療・検査内容に応じた様々なシーンで柔軟なアームセッティングができます。側面アームは、映像系が17.5 cm上下動可能なため、テーブル高さを変えずに素早く関心領域のバイプレーンポジショニングが可能です。さらに、角度を変えても関心領域を自動追従するCyberChase 機能により素早く的確にポジショニング可能であり、これらの優れた操作性は、術者の手技をサポートします。
また、X 線管球の左右位置をワンボタンで切替可能にし、患者さんの特定部位への集中的なX 線被ばくを緩和するLL⇔RL機能をはじめとしてシステム全体で7つの被ばく低減機構を搭載しており、患者さんに優しいシステムです。
オプションである「SCORE 3D」は、Cアームを60°/秒で高速回転させることで、少ない造影剤で検査が行えます。また「SCORE CT」では、術中・術後にCTの様な断面(Axial)像を作成し、軟部組織や治療部位の出血確認などをその場で行うことができます。

SMART Display

多数ある画像情報を、大型の56インチ高精細カラーLCDに統合し、タッチパネルで術者が容易にレイアウト選択できるシステムです。表示したい画像を単に均等に割り当てるだけでなく、検査・手技に応じて、透視画像をクローズアップしたレイアウトやロードマップをクローズアップしたレイアウトなど自由にカスタマイズしたレイアウトを選択いただけます。

名  称 血管撮影システム「Trinias(トリニアス) B12 package」
価  格 4億5千万円~ (税別) システム構成により異なる。
販売計画 80台(発売から1年間 Trinias機種全体)

製造販売認証番号(医療用)

224ABBZX00053000 据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置 「血管撮影システム Trinias」