ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2013年4月26日 | プレスリリース EmpowerTM による島津LC装置制御がさらに拡張
Waters社 EmpowerTM からのNexera X2シリーズ制御に対応

島津製作所は、Waters社のクロマトグラフィーデータシステムEmpowerTMによる、Nexera X2シリーズの新型フォトダイオードアレイ検出器SPD-M30Aの制御に対応しました。これにより、Prominenceシリーズ、LC-2010シリーズから昨年11月発売のNexera X2シリーズまで、当社HPLCおよびUHPLCの幅広いラインアップをEmpowerTMによって制御することが可能となりました。Nexera X2シリーズは、世界最高の130MPaによる超高速分析と、新型フォトダイオードアレイ検出器SPD-M30Aによる優れた感度およびスペクトル分解能、ProminenceやNexeraシリーズで培った注入精度と送液安定性により、世界最高水準の機能と性能をもった次世代のUHPLCです。Nexera X2の制御が、島津製作所のデータシステムLabSolutionsに加えEmpowerTMからも可能となったことで、より幅広いお客様にNexera X2をご使用いただくことができます。

1) 島津製作所のすべての主力HPLCおよびUHPLCの制御が可能

Waters社 EmpowerTMから、フォトダイオードアレイ検出器SPD-M30Aを含めたNexera X2シリーズの制御が可能となったことにより、島津製作所の主力HPLCおよびUHPLCシリーズを制御することが可能です。これによりEmpowerTMで構築されたネットワーク環境の中で、島津製作所のHPLCおよびUHPLCの装置性能を最大限に発揮させて分析を行うことができます。またEmpowerTMが持つ規制対応機能とあわせて、GLP/GMP規制はもちろん米国FDA 21 CFR Part 11など電子記録・電子署名関連規制対応も完全にサポートします。

島津製作所のすべての主力HPLCおよびUHPLCの制御が可能

2) Nexera X2の性能を最大限に発揮する制御が可能

Nexera X2シリーズのフォトダイオードアレイ検出器SPD-M30Aの制御対応により、Nexera X2の特長を最大限に発揮させることができます。世界最高の130MPaでの超高速分析に加えて、(1)世界最高レベルのスペクトル分解能,(2)世界最高レベルの感度と優れた分離性能,(3)優れた安定性といった、SPD-M30A検出器の特長をEmpowerTM制御下でも実現することができます。また、SPD-M30Aの多波長検出器としての使用や、最大4種の移動相溶媒を自動混合する移動相ブレンディング機能への対応など、EmpowerTM制御下でのNexera X2シリーズの使用の幅がさらに広がります。EmpowerTMでの操作性を維持しながら、Nexera X2の特長を十分に生かし、メソッド開発からルーチン分析までの幅広い用途に最適なシステムを構築することが可能です。

詳しい製品説明についてはこちら