ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2013年3月28日 | プレスリリース 台湾に分析計測機器の販売会社を設立

株式会社島津製作所(本社:京都市中京区、社長:中本 晃)は台湾における分析計測機器の販売サービス体制を強化するため、当社100%出資の販売会社「台湾島津科学儀器股份有限公司 Shimadzu Scientific Instruments (TAIWAN) CO.,LTD. (略称:SST)」を4月8日に設立します。
台湾ではこれまで、現地代理店を通じて分析計測機器の販売を行っていましたが、このたび現地に新会社を設立して直販を開始すると共に、代理店への営業・技術支援も強化し、島津ブランドの更なる浸透を図ります。
新会社には、質量分析計や高速液体クロマトグラフなどの分析計測機器を設置したアプリケーションラボを付設し、研究開発や品質管理業務に携わるお客様が抱えるさまざまな課題に対して的確な分析手法の開発と提案を行い、充実した顧客サポートを提供します。
台湾における分析計測機器の重要市場は、官公庁や大学、製薬・バイオ等の研究市場です。これらの分野において当社のシェア拡大を図ると共に、消耗品やアフターサービス事業にも取り組み、台湾での売上高を2012年の約450万ドルから2017年には1,300万ドルと約3倍を目指します。

設立会社の概要

1.名称 台湾島津科学儀器股份有限公司 Shimadzu Scientific Instruments (TAIWAN) CO.,LTD.
(略称:SST)
2.資本金 90万ドル(約2,600万 台湾ドル)
3.所在地 台北市
4.代表者 社長 田中敏博
5.人員 初年度13名(うち日本人1名)
6.業務内容 分析計測機器の台湾での販売・サービスおよび代理店向け営業・技術支援
7.事業所面積 約700m2
8.年間売上高 2013年計画 580万ドル、2017年計画 1,300万ドル
9.設立日 2013年4月8日

島津製作所の海外拠点についてはこちら