ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2013年3月1日 | プレスリリース 反応液量が100μLまで対応でき汎用性の高い
96ウェル型遺伝子検出装置「GVP-9600」を発売
- 食品関連病原菌検査や個別化医療研究に貢献 -

96ウェル型遺伝子検出装置「GVP-9600」

96ウェル型遺伝子検出装置「GVP-9600」

島津製作所は、リアルタイムPCR法に基づく遺伝子解析装置の新製品「遺伝子検出装置 GVP-9600」(研究用)を発売しました。
リアルタイムPCR法はポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) によりDNAの一部を増幅させ、その増幅物の発現量をリアルタイムに計測する手法です。正確で迅速な遺伝子解析ができることが特徴で、大腸菌O157やノロウイルスなど早期に感染源を特定する必要がある食品衛生分野や、がん治療で使用する分子標的薬のように、効果や副作用リスクを事前に判断して行う「個の医療・診断」分野の遺伝子変異解析などで用いられています。
新製品GVP-9600は、昇降温速度や測光速度が早く、また測定に必要な反応容器として市販の安価な96ウェルプレートや8連チューブが使用できるため、迅速かつコストを抑えた遺伝子検査を行うことができます。
また絶対定量解析や相対定量解析、SNP解析に対応する豊富な解析ソフトウェアは、日本語、中国語、英語での表示ができ、簡単な操作で確かな作業を可能にします。反応液量は100μLまで対応しているため汎用性が高く、検体に含まれるごく微量のウイルスや菌を直接PCR検出する応用に適しています。

開発の背景

遺伝子解析にはPCR装置でDNAを増幅後、電気泳動装置で分離分析してそのサイズを分析する方法と、リアルタイムPCR装置によりDNAの増幅とその発現量の分析を同時に行うリアルタイムPCR法の2種類があります。
当社では前者に対応する装置として、電気泳動の前処理や分離などの作業を高速全自動化し、迅速かつ簡単、高精度にDNA/RNAの分離サイズを分析できるマイクロチップ電気泳動装置MCE-202 MultiNAを2007年より販売しています。また、PCRを支援する試薬として、たんぱく質や多糖類などPCR阻害物質の作用を強力に抑制し、血液などの生体試料からDNAやRNAを抽出・精製することなく反応液に直接添加してPCRを行うことができる当社独自の「Ampdirect」テクノロジーを用いたキットを提供しています。
MultiNAとAmpdirect試薬キットの組み合わせは遺伝子検査の大幅な省力化を実現すると共に、再現性の高いデータが得られるツールとして、ヒトにとどまらず植物、家畜やトリの衛生検査などにも幅広く用いられています。
今回、新たな遺伝子検出装置としてリアルタイムPCR法に基づく新製品GVP-9600を投入することにより、個別化医療研究を推進するためのヒトSNP解析や、未分化マーカー遺伝子発現解析によるヒトES細胞の未分化・分化状態の確認といった多能性幹細胞研究など、最先端の生命科学研究に貢献していきます。
今後、試薬キットのラインナップもさらに拡充し、大学等の研究機関や、食中毒菌やノロウイルスなど食品関連の病原菌検出を行う保健所や検査機関などにおける多様なニーズに豊富な製品群で応えます。

本製品の特長

1. 短時間で微量なウイルスや菌を検出

温調ブロック昇降温速度は最大4℃/秒と早く、また高性能ペルチェ素子と多本ヒートパイプ散熱器の採用により、素早く安定したサーマルサイクリングができ、PCR時間を短縮することが可能です。糞便からダイレクトにノロウイルスの遺伝子を増幅・検出する当社ノロウイルスG1&G2検出試薬キットを用いた検出の場合、PCR開始から融解温度(Tm)解析まで3時間以内で行うことができ、ノロウイルスの有無を短時間で検査することが可能です。また反応液量は5~100μLに対応しており、高い汎用性も特長です。

2. ランニングコスト、維持管理コストを抑えた運用が可能に

専用容器を必要とせず、市販の透明タイプのシングルチューブや8連チューブ、96ウェルプレートが使用できるため、ランニングコストを削減できます。また光源には白色LEDを採用しているため、ハロゲンランプのように定期交換は必要なく、維持管理コストも削減できます。

3. 充実したソフトウェア機能で確かな分析が可能に

取得されたデータに対して、絶対定量、相対定量(相対標準曲線法、比較Ct法)、SNPの各解析が可能であり、PCR増幅産物を確認する融解曲線解析にも対応しています。ソフトウェアは日本語、中国語、英語に対応し、測定結果はデータベースとして管理でき検体ごとに自由なレイアウトで印刷することができるなど、わかりやすく確かな分析をサポートします。

遺伝子検出のワークフローを支援する島津の製品群

名  称 遺伝子検出装置 GVP-9600
本体サイズ 430(W) × 395(D) × 352(H)mm 重量28kg
価  格 380万円(PC別、税別)
販売計画 80台/年   ※初年度