企業倫理・コンプライアンス

当社の企業倫理・コンプライアンス

基本的な考え方

グローバルに事業を展開している私たちにとって、社会からの信頼は事業活動の推進に不可欠です。私たちは「コンプライアンスはすべてに優先する」とし、社員の行動指針である「企業倫理規定」において次の5つの行動原則を定め、グローバル企業として世界から信頼され、社員が誇りを持って働く会社を目指し日々活動していきます。

  1. お客様本位
  2. 公正・透明な行動
  3. ステークホルダーとの対話
  4. 社会への貢献と地球環境の保全
  5. 社員の創造性と個性の尊重

当社の企業理念、行動方針についてはこちら

公正な競争・取引

私たちは、世界各国に展開する事業活動や個人の生活において、法令及びその他の社会的規範を遵守し、公明かつ公正に行動することをCSR憲章及びそれに準じる活動方針に定めています。

医療機関等との関係の透明性向上へ

私たちは、医療機器の開発・製造・輸入・販売において連携が不可欠な医療機関等との関係の透明性を高め、社会から信頼を得られる企業となるため、「医療機関等との関係の透明性に関する指針」を策定し、医療機関等への資金提供情報を公開しています。

医療機関等との関係の透明性に関する指針 (PDF:165 KB)

医療機関等への支払い資金の情報の公開

内部監査の実施

内部監査については、販売、研究開発、製造等の各部門と全社部門が、各専門分野について全社の事業活動に対するモニタリングを実施しています。
また、社長直轄として内部監査室を設置(内部監査人6名を配置)し、業務執行のラインから独立した視点で、グループ会社も含めて内部監査を実施し、内部統制の有効性を評価・確保しています。

企業倫理

企業倫理意識浸透への取り組み

私たちは社員の企業倫理意識の浸透・醸成のための取り組みとして、本社・国内グループでは、毎年e-learningまたは学習冊子による企業倫理・コンプライアンス教育を実施しています。
また“企業倫理意識調査”を行い、企業倫理に関する社員の意識や定着度合いを測り、今後の活動に役立てています。

島津グループの企業倫理

「企業倫理・コンプライアンス」学習冊子

企業倫理調査

毎年行っている“企業倫理調査”では、企業倫理に関する社員の意識や定着度合いを測り、今後の活動に役立てています。
調査開始時(2009年)に最もポイントの低かった「企業倫理教育」関連の項目は、継続的な社内教育の実施により約15ポイント上昇しています。

企業倫理調査

相談・通報窓口の整備

企業倫理に関する問題の予防・早期発見・対策のため、「企業倫理に関する相談・通報窓口」を社内および社外に設け、非正規社員を含む島津グループ全社員に周知しています。相談・通報に対し、必要に応じて関係部署と協力し、調査や是正措置の実行、再発防止のための対策をとっています。また、不利益な取り扱いの禁止など、相談・通報者の保護に関するルールを整備しています。

関連情報