製品の環境対策とグリーン調達

製品への環境配慮は、材料・部品の調達から廃棄に至るまでのライフサイクル全般への対応が必要と考えています。 そのために、当社では自社で策定した環境負荷低減設計指針に基づいた製品設計を行っています。 一方、有害化学物質の不使用や削減を進め、環境への影響がより少ない部品・素材の調達を積極的に推進しています。

LCAによる製品の評価

製品を構成する素材の採掘から、生産、流通、使用、そして廃棄・リサイクルという一連の段階で発生する環境影響を評価する手法としてLCA(ライフサイクルアセスメント)があります。
当社のエコラベル適合製品であるEDX(エネルギー分散型蛍光X線分析装置)の最新機種をLCAで改めて評価したところ、従来機比で44%削減した省エネ性に加え、液体窒素が不要になったことと、装置がコンパクトで軽量になったことで、CO 2排出量は55%削減できたことを確認できました。
今後もLCAを活用して製品の評価を行い、より環境性能の高い環境配慮製品を提供していきます。

調達方針とグリーン調達

当社の製品に使用する資材の調達にあたっては、サプライチェーンマネジメントを通じ、国内外のお取引先様とのより良いパートナーシップを構築して相互理解を深め、共に成長・発展できる関係を築いて参ります。

グリーン調達

サプライチェーンマネジメント

各種法規制への対応

製品含有化学物質に関する取組み

当社主力製品である分析計測機器や医用機器は、2014年7月より改正RoHS指令(2011/65/EU)※1の適用となりました。これに対応し、RoHS指令に適合した製品を欧州に供給しています。

このRoHS指令への適合を保証するため、グリーン調達基準に基づく資材の調達に加え、実地監査による管理状況の評価、調達した資材の自主分析を実施しています。さらにお取引先様とは説明会や対話を通じて協力しながら、サプライチェーン全体で品質の維持を図っています。

またRoHS指令の規制強化やREACH規則※2への対応として、新たな化学物質調査システムを構築しました。製品に含有する化学物質を詳細に把握し管理することにより、さらに環境負荷の低減に努めて参ります。

※1 電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限
   (Restriction of certain Hazardous Substances)に関する指令(2011/65/EU)
※2 2007年6月1日発効の化学物質の総合的な登録、評価、認可、制限
   (Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals)に関する制度

ヨーロッパ環境規制に対する対応

欧州環境規制の中で化学品に関するものの代表がREACHとCLPです。SEGで取り扱っている分析機器、医用機器は一見化学品と関係ないように見えますが、思わぬところに化学品が入っています。輸入量の多いものは、登録の必要がなくなるように現地調達化を図っています。発がん性物質を筆頭とする「有害」と分類されたものは、量に関係なく表示と情報伝達の義務があります。成分中に有害物質が含まれているグリースや接着剤のチューブが装置と同梱されてくると、装置の箱に危険物のラベルを貼り、箱全体を薬品庫に保管しなければなりません。化学品を装置に同梱しないよう本社にお願いする一方、現地調達化も進めています。

RoHS指令は、均一物質中の濃度で規制しているので、小さな部品でも注意が必要です。2014年7月に大部分の製品がRoHS遵守となりました。しかし新たに4物質が制限物質となるので、代替品のない特殊部品について適用除外申請の準備をし始めたところです。SEGではJBCE(在欧日本ビジネス協議会)を通じて欧州委員会に適用除外申請を働きかけます。

SHIMADZU EUROPA GmbH 辻 欣子
永瀬・ライマー 桂子

SHIMADZU EUROPA GmbH 会社概要

ドイツのヨーロッパ地域統括拠点の傘下に、イギリス、フランス等の国々に販売会社を配置し、地域販売体制を整備する一方、成長著しいロシア・CIS諸国で分析・医用機器の営業体制を強化し、市場拡大をすすめています。2013年4月には、欧州全域およびロシアにおける当社分析計測機器のアプリケーション開発能力の向上と顧客サポートの充実を目的としたデモンストレーションラボを大幅に拡充しました。

ページトップに戻る