環境・社会活動

化学物質管理/公害対策

化学物質管理

当社では製造、研究開発、アプリケーション開発などの場面で多種多様な化学物質を使用しています。これらの物質は使い方を誤ることで事件や事故につながる恐れがあり、様々な法令で規制されているものもあります。
そのため、主管部門と化学物質を使用する部門との連携により、適用される法令に応じた管理状況を確認すると共に、各部門において、輸出入時の許認可の確認、個別の緊急時対応の教育訓練や、有害物質の代替化を進めるなど、BCP(事業継続計画)の観点からも適正な管理を推進しています。
また、島津エス・ディー(株)製の薬品管理システムCRISを用いて、個々の薬品の入出庫管理を行っています。このシステムにより、購入・使用・廃棄時の数量を管理しており、在庫量・使用量の集計ができるだけでなく、PRTR法に基づく行政報告を迅速に行うことができます。

ここ数年の取り組みとして、化学物質を扱う部門における震災発生時などの緊急事態への備えを強化することを目的に、転倒防止措置の実施、従業員への教育訓練、緊急時対応備品の設置などを重点的に実施しました。特に教育訓練については、化学物質を業務で取り扱う部門を中心に全社的な教育を実施し、社内外でのリスク事例などを共有化し、管理レベルの向上を図っています。同時に、お客様への販売に関わる営業部門に対しても許認可管理の重要性などを教育しており、日常的な業務手順の周知などを徹底しています。

分析装置に使用する試料の代替化

蛍光X線分析装置(EDX)の感度係数用試料のなかで、バリウム(Ba)係数取得用試料としてこれまで劇物に指定されているBaCO3(炭酸バリウム)、BaF2(フッ化バリウム)を用いてきました。2011年度に、これらの試料を無毒のBaSO4(硫酸バリウム)へ代替し、化学物質のリスク低減を図りました。
劇物管理が不要になるため、輸出入手続きや使用者の制限など運用面における利便性が向上し、お客様への対応期間の短縮にもつながります。また感度係数試料の商品化につなげることができます。

代替フロンを使用しない エアダスターの採用

装置の生産や研究開発の段階において、装置に付着したゴミやホコリを除去するためのエアダスターには、代替フロンが使用されているものが多くあります。この代替フロンは、地球温暖化係数が非常に大きい物質であり、一定量以上使用する場合は行政報告の対象物質となっています。
現在、装置のメンテナンスを行う際にエアダスターの使用量が多い関係会社を中心に、比較的影響の小さな炭酸ガスを用いたエアダスターへの切り替えを進めています。
副次的な効果として、炭酸ガスを繰り返し詰め替えて再利用できるため、ガスを充填したボンベの廃棄物の削減にも寄与しています。

PRTR届出物質使用量の推移

当社では、毎年PRTR法(特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(化学物質排出把握管理促進法))に基づき、有害化学物質の届出を行っております。
全社での届出対象物質の使用量は10年ほど前よりは大幅に削減されていますが、2015年度は生産量の拡大に伴って洗浄・塗装工程で使用する化学物質の使用量が増加したことにより、2015年度よりもおよそ1.5トン増加しました。

※2005年度以降、行政に届出をした物質のみの使用量を集計しています。
PRTRデータの詳細はこちらをご参照ください。

公害対策

大気測定(三条工場)

工場で使用するボイラーから排出される排ガスは、大気汚染防止法及び京都府環境を守り育てる条例の規制基準よりも厳しい自主管理基準を設定し、SOxやNOxなどを定期的に測定しています。
三条工場では老朽化した重油式ボイラーや都市ガス式ボイラーを順次廃止し、大気汚染の防止を図るとともに、CO2の発生の削減にも努めています。2014年度には重油式ボイラーは全て廃止しました。

水質測定(三条工場)

オンライン全有機体炭素・全窒素計(TOCN計)

工場からの排水は、下水道法及び京都市下水道条例の規制基準より厳しい自主管理基準を設定し、定期的に測定しています。三条工場では、各水質項目の定期測定以外にも、専用モニターと社内LANによるネットワークを利用し、pHやTOC(全有機炭素)を常時監視しています。また、もしも排水のpHが自主管理基準を超過した場合には、担当者にメールで異常を通知し、迅速に対応できるシステムを構築しています。

ページトップに戻る