感染リスク低減
感染症 自動問診システム

当社のグループ会社である島津エス・ディー株式会社は、医療機関での感染リスクを低減するため、新型コロナウイルス感染症の疑いがある患者に自動で問診が行えるシステムを開発しました。

医療機関の入口や受付に設置することで、医療スタッフが問診のために患者と接触する機会を抑えるとともに、感染症の疑いのある患者を他の患者と振り分けることができ、院内での感染症拡大防止に寄与します。また感染症以外の目的で受診を必要とする患者の不安低減にもつながります。

病院機能を正常に保つうえで、院内での感染症の拡大防止は、非常に重要な課題となっています。本製品は人と人との接触を抑えることで、院内での感染リスクを低減します。

詳しい製品情報はこちら
(医療従事者様向け)