島津製作所について

NEWS

2021年

2021.11

第36回テニス日本リーグ開幕!

12月3日(金)から第36回テニス日本リーグ(女子)1stステージが開幕します。Breakersは、1st ステージを横浜国際プールテニスコート、2nd ステージを兵庫県立三木総合防災公園屋内テニス場ブルボンビーンズドームで戦います。
テニス日本リーグは、実業団チームの頂点を決める大会です。全12チームをレッドブロック・ブルーブロックに分け、各ブロックを勝ち抜いた上位3チームの計6チームが2月に開催される決勝トーナメントへの出場権を獲得します。試合は団体戦で行われ、シングルス2本、ダブルス1本の計3試合で勝敗を決めます。

6度目の頂点に輝けるよう、チーム一丸となって頑張ります。
応援よろしくお願いします!

※1stステージは無観客での開催となります。

■女子リーグ開催日程

・1stステージ 2021年12月3日(金)~5日(日)
・2ndステージ 2022年1月22日(土)~23日(日)
・決勝トーナメント 2022年2月18日(金)~20日(日)

■Breakersの試合予定

1stステージ 会場:横浜国際プールテニスコート(神奈川県)
12月3日(金) 9:10開始 vsリコージャパン
12月4日(土) 9:10開始 vsテニスユニバース
12月5日(日) 9:10開始 vsエームサービス

2ndステージ 会場:ブルボンビーンズドーム(兵庫県)
1月22日(土) 10:10開始 vsリコー
1月23日(日) 10:10開始 vs橋本総業ホールディングス

■会場

・1st ステージ:横浜国際プールテニスコート
「横浜国際プール」のWebサイトはこちらから

・2ndステージ:兵庫県立三木総合防災公園屋テニス場(ブルボンビーンズドーム)
「ブルボンビーンズドーム」のWebサイトはこちらから

・決勝トーナメント:東京体育館
「東京体育館」のWebサイトはこちらから

■第34回テニス日本リーグ決勝トーナメント ハイライト

 

2021.11

全日本テニス選手権96thで大前綾希子選手がダブルス優勝!
2016年以来、2度目の栄光に輝く

10月30日からブルボンビーンズドームで開催された「大正製薬 リポビタン 全日本テニス選手権96th」において、大前綾希子選手・井上雅選手(テニスラウンジ)ペアがダブルスで優勝を果たしました。
11月7日に行われた決勝戦では第2シードの光崎楓奈選手(h2エリートテニスアカデミー)・川村茉那選手(フジキン)と対戦しました。井上選手の安定したストロークと大前選手の決定力のあるボレーでポイントを重ね、6-4.6-4のストレートで勝利を飾りました。
大前選手の同種目優勝は2016年以来、2度目です。

表彰式での写真(右が大前選手)

表彰式での写真(右が大前選手)

ダブルス1回戦の様子

ダブルス1回戦の様子

<大前選手からのコメント>

たくさんの応援、本当にありがとうございました。
井上選手の引退試合ということで、有終の美を飾ることができて本当に嬉しく思います。
私自身も2016年以来のダブルス優勝となり、嬉しさとほっとした気持ちになりました。
皆さんの応援のおかけで優勝できたと思います。
本当にありがとうございました。
今後とも頑張りますので応援よろしくお願いします!


全日本テニス選手権レポートはこちら

2021.10

大正製薬 リポビタン 全日本テニス選手権96thが開幕!

10月27日(水)から11月7日(日)に日本最高峰の国内大会「大正製薬 全日本テニス選手権96th」が開催されます。今年は三木市総合防災公園内にあるブルボンビーンズドームで行われます。
当社から、桑田寛子選手、大前綾希子選手、加治遥選手、押野紗穂選手、松本安莉選手が出場します。

桑田 寛子
桑田 寛子
大前 綾希子
大前 綾希子
加治 遥
加治 遥
押野 紗穂
押野 紗穂
松本 安莉
松本 安莉

大会要項や試合日程、出場選手などは「大正製薬 全日本テニス選手権96th」のWebサイトからご確認いただけます。
https://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/433/Default.aspx


大会名称 大正製薬 リポビタン 全日本テニス選手権96th
主  催 公益財団法人 日本テニス協会
期  日 【予選】2021年10月27日(水)~10月29日(金)
【本戦】2021年10月30日(土)~11月7日(日)
会  場 ブルボンビーンズドーム

※同大会は無観客での開催です。

2021.10

本玉真唯選手がWTAツアー本戦初出場で8強入り! 

9月25日からアメリカのシカゴで開催された「WTA500 CHICAGO FALL TENNIS CLASSIC」において、本玉真唯選手が予選2試合を勝ち抜き、WTAツアー本戦デビューを飾りました。本戦でも世界ランキング100位以内の選手を破る快進撃を続け、ベスト8進出を果たしました。
同大会はWTA(Women's Tennis Association)が主催で、グランドスラム、WTA1000に次ぐWTA500の大会です。

本玉真唯選手

本戦1回戦は過去最高4位のキャロリン・ガルシア選手(フランス/59位)に6-3.6-0、わずか1時間14分で圧勝しました。続く2回戦はアネット・コンタベイト選手(エストニア/23位)が棄権したため不戦勝。3回戦ではシェルビー・ロジャース選手(アメリカ/43位)を6-4.6(1)-7.6-1のフルセットで破りました。

ベスト8進出を決めた3回戦のハイライト動画


準々決勝は同大会第2シードのガルビネ・ムグルサ選手(スペイン/9位)と対戦。固い守備と多彩なショットで相手を翻弄する場面があったものの、パワーで押し切られ3-6.2-6で敗れました。

元世界1位のガルビネ・ムグルサ選手との対戦


翌週、本玉選手は「WTA1000 BNP PARIBAS OPEN」でも予選を勝ち抜き、本戦出場を果たしました。
本玉選手は今回の活躍で、201位から自己最高の150位前後に浮上します。

本玉真唯選手

<本玉選手のコメント>

信じられないような1週間を過ごすことができました。練習で積み重ねてきたことが試合で発揮できたような気がします。
たくさんのご声援ありがとうございました!

2021.09

桑田寛子選手がポルトガルで開催された$60,000+H大会でダブルス優勝!!

9月13日からポルトガルのCaldas da Rainhaで開催された賞金総額$60,000+HのITFツアー「PORTUGAL LADIES OPEN」において、桑田寛子選手が小堀桃子選手(橋本総業ホールディングス)とペアを組んだダブルスで優勝しました。
桑田・小堀ペアは、準決勝で第1 シードのペアに6-1.6-2で勝利し、決勝戦でも勢いに乗ったままALICIA Barnett・OLIVIA Nichollsペアを7-6(5).7-6(2)で破り、優勝を掴み取りました。
桑田選手が小堀選手とペアを組むのは2回目で、$60,000+H大会での優勝は自身初となりました。

表彰式での写真表彰式での写真
優勝した小堀選手(左)と桑田選手(右)優勝した小堀選手(左)と桑田選手(右)

<桑田選手のコメント>

私にとって$60,000+H大会のダブルスで優勝するのは初めてだったので、すごく嬉しかったです。
小堀選手とペアを組むのは2回目でしたが、1回目はかなり前だったので、今回は久しぶりに組んでとても良いコンビネーションで楽しく試合ができました。
次はシングルスとダブルスで勝てるように頑張ります!
これからも応援よろしくお願いします!

2021.08

本玉真唯選手が全米オープン(US Open Tennis Championships)2021の予選に出場!!

世界四大大会の一つである「全米オープン2021」のシングルス予選に本玉真唯選手が出場します。2016年と2017年には全米オープンジュニアで出場を果たしていますが、プロ転向後は今大会が初出場となります。
予選は8月24日から8月27日、本戦は8月30日から9月12日にアメリカのニューヨークで開催されます。

US Open Tennis Championshipsのオフィシャルサイト

<本玉選手のコメント>

初めてグランドスラムの舞台に挑戦します。
コーチと毎日積み重ねた事が形になってとても嬉しいです。でも、まだまだこれからだと思います。
サポートしてくださっている全ての皆様への感謝の気持ちをしっかりと持ち、元気よく思い切りこの舞台を楽しんで戦ってきます。
応援よろしくお願いいたします!

試合中の本玉選手
試合中の本玉選手

試合中の本玉選手

コーチとウォーミングアップする様子コーチとウォーミングアップする様子
大会までアメリカで練習に励む本玉選手大会までアメリカで練習に励む本玉選手

2021.07

押野紗穂選手が京都府成年女子代表として第76回国民体育大会「三重とこわか国体」出場決定

7月10日、11日に兵庫県立三木総合防災公園屋内テニス場(ブルボンビーンズドーム)で行われた「第76回(第77回冬季)国民体育大会近畿ブロック大会」に京都府成年女子代表として出場した押野紗穂選手と西本聖良選手(姫路大学)が3位で通過し、本国体への出場権を獲得しました。
同大会は近畿2府4県が参加し、第76回国民体育大会「三重とこわか国体」に出場できる4府県を決定する大会です。

10日に3チームによるリーグ戦が行われ、京都府は1勝1敗でブロック2位となりました。翌日の3-4位決定戦では、別ブロック2位の大阪府を相手にシングルスで2勝を挙げ、全体3位で大会を終えました。本国体は、10月1日から三重県四日市市で開催されます。

優勝した本玉真唯選手

京都府代表の押野選手(左)と西本選手(右)

<押野選手からのコメント>

まずは本国体出場を決めることができて良かったです。
任された場所で役割を果たせるよう、努力を続けていきたいと思います。
応援ありがとうございました。

2021.06

本玉真唯選手がポルトガルで開催されたITFツアーのシングルスで優勝!

6月21日からポルトガルのPortoで開催された賞金総額$25,000のITFツアー「Porto Open 2021」において、本玉真唯選手がシングルスで優勝しました。
本玉選手は準決勝で第2シードのTessah Andrianjafitrimo選手(FRA)を相手に、初めてセットを落としたものの、決勝戦を含めたその他の試合は全てストレートで勝利を収めました。
5月に自身初となるITFツアータイトルの獲得に続き、2勝目を挙げました。

優勝した本玉真唯選手

優勝した本玉真唯選手

<本玉選手からのコメント>

今季2度目のタイトルをものにできたことは本当に自信になりましたし、とても嬉しかったです!
また次に向けて頑張りたいと思います。応援ありがとうございました。

2021.06

押野紗穂選手が京都府代表選手として近畿ブロック大会に出場します!

6月13日に山城総合運動公園 太陽が丘テニスコートで開催された「第76回国民体育大会京都府代表選手選考会」において、押野紗穂選手が代表に選出されました。
押野選手は「第76回国民体育大会」の出場権をかけ、7月10日から兵庫県立三木総合防災公園屋内テニス場(ブルボンビーンズドーム)で開催される「近畿ブロック大会」に臨みます。同大会は近畿2府4県の6チームが参加し、上位4チームが本国体に出場することができます。2つのブロックに分かれてリーグ戦を行った後、順位決定戦で通過順位を決めます。

「第76回国民体育大会」のテニス競技は10月1日から三重県四日市市で開催されます。

京都府代表選手に選出された押野選手

京都府代表選手に選出された押野選手

<押野選手からのコメント>

京都府の代表としてプレーできることを嬉しく思います。
まずは本国体に出場できるよう、近畿ブロック大会に向けて良い準備をしていきます。
チーム京都のメンバーと一緒に頑張ります!

2021.06

MAYAホールディングスいわて・八幡平オープンテニス大会2021のシングルスで加治遥選手が優勝!

5月31日から岩手県八幡平市の安比高原テニスクラブで開催された「MAYAホールディングスいわて・八幡平オープンテニス大会2021」において、加治遥選手がシングルスで優勝しました。
加治選手は同大会の第1シードとして出場し、決勝戦では第2シードの上田らむ選手(ノア・インドアステージ)とのトップ2シード対決を、4-6.7(1)-6.6-1のスコアで制し、今季初優勝を飾りました。

国際大会を主戦場としている加治選手は、国内大会のシングルスでは2015年以来6年ぶり3度目の優勝となりました。

優勝した加治遥選手優勝した加治遥選手

<加治選手からのコメント>

優勝したのは本当に久しぶりだったので、とても嬉しかったです。
たくさんのご声援をありがとうございました。
次は国際大会に出場する予定なので、そこでまた優勝できるように頑張りたいと思います。

2021.05

本玉真唯がエクアドルで開催された$25,000大会でシングルス優勝!

5月3日からエクアドルのSalinasで開催されたITF$25,000大会「SALINAS 1 COPA TELCONET」において、本玉真唯がシングルスで優勝し、自身初のITFタイトルを獲得しました。
本玉選手は、準決勝でスイスのConny Perrin選手(272位)を6-4.7-6(3)で破り決勝へ進出。決勝戦では、カナダのCarol Zhao選手(421位)に7-5.6-1とストレートで勝利しました。

本玉選手本玉選手
表彰式後に表彰式後に

<本玉選手からのコメント>

ITF初タイトルを獲得しました!
日々積み重ねてきた事が形になってとても嬉しいです!
私をサポートしてくださっている全ての皆様に感謝してもしきれないです。
いつもたくさんのご声援ありがとうございます。
エクアドルではもう1大会あるので引き続き気を引き締めて頑張ります!

2021.04

京都府スポーツ賞 優秀賞を受賞

当社テニスチーム「SHIMADZU Breakers」が、令和2年「京都府スポーツ賞 優秀賞」を受賞しました。同賞は、京都府の体育・スポーツの普及振興及び競技力向上を図るため、スポーツに関し優秀な成績を収めた個人や団体、または体育・スポーツの健全な普及及び発展に貢献した個人や団体に対して贈られる賞です。
SHIMADZU Breakersは第34回テニス日本リーグでの優勝を評価されました。
表彰式は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、中止となりました。

令和2年京都府スポーツ賞受賞者一覧はこちらから
http://spogaku.pref.kyoto.lg.jp/ckfiles/files/R2%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7.pdf

第34回テニス日本リーグで優勝を果たしたSHIMADZU Breakers第34回テニス日本リーグで優勝を果たしたSHIMADZU Breakers
表彰状と表彰盾を持つ社員選手の押野紗穂表彰状と表彰盾を持つ社員選手の押野紗穂

2021.01

大前綾希子が全豪オープン(AUSTRALIAN OPEN)2021の予選に出場!!

世界四大大会の1つである「全豪オープン2021」のシングルス予選に大前綾希子が出場します。同大会には、2013年以来2度目の出場となります。
予選は1月10日から1月13日にドバイで、本戦は2月8日からメルボルンで開催されます。

<大前選手からのコメント>
4年ぶりにグランドスラムに帰ってきました。
去年は全豪オープンの予選にサインに行ったものの5番アウトで悔しい思いをし、さらにツアーも日本リーグも無くなり練習の日々を過ごしました。
久しぶりの試合、そして久しぶりのグランドスラム!
思う存分楽しみたいと思います。そして本戦のオーストラリアに行けるように頑張ります!

AUSTRALIAN OPENオフィシャルサイト


大前綾希子が全豪オープン(AUSTRALIAN OPEN)2021の予選に出場!!