製品開発

分析計測事業部 GC・TAビジネスユニット 装置開発G
情報科学研究科 情報科学専攻
木下 勝吏 / 2019年入社

  • 技術系
  • 国内
  • 男性

モノづくりへの尽きない興味を
仕事にするということ。

開発の始まりから終わりまでを、自らの手で。

小さい頃から自分の手で何かを作ることが好きで、高校生時代には電子工作のとりこに。趣味でイルミネーションなどを作って遊んでいました。大学は電子物理工学科で量子力学の理論やナノテクノロジーを学んだのですが、「自分が本当にしたいことは実際に手でさわれるモノづくりだ」と気付き、大学院ではロボット開発分野の研究へ。モノづくりの楽しさからは離れがたく、就職先にもメーカーを志望しました。 しかし就職活動を進めると、大きな企業になるほど途中の工程を外注するところが多く、製造過程の試行錯誤こそモノづくりの醍醐味だと感じていた私にはいまいちピンと来ませんでした。そんな中にあって島津なら分野を限定せずさまざまな装置開発に携われること、しかも企画段階から仕様決定、コーディングなどプロジェクト完了まで一貫して現場を担当できることを知り「モノづくりに深く関わりたい自分にはぴったりだ」と思って入社を決めました。福利厚生や勤務体制がしっかりしている点も魅力でしたね。

技術を生かして新たな分野へチャレンジ。

入社後の研修を終えて配属されたのは、気体の分析手法であるガスクロマトグラフィーを行う装置、ガスクロマトグラフの開発を担当するグループです。これまでに携わったプロジェクトは2つ。操作パネルのGUIに関するファームウェア開発がおおかたゴールに近づいていて、現在は主に新機種の発売に向けて装置のFPGA(ハードウェアの集積回路)の設計開発にあたっています。先にファームウェア開発を進めており、電気系統の開発にもチャレンジしたいと挙手していたらFPGAのプロジェクトに声がかかりました。
新機種に搭載するFPGAは現行機種のものから別のメーカー製に替わるため、これまでの開発ソフトやコードが使えません。装置自体は従来の流れを汲んで進化させつつ、内側のデバイスを一から設計しなおしています。FPGAにふれるのは初めてなので悪戦苦闘することもありますが、新しい分野への挑戦にワクワクする毎日を送っています。これまでに身につけていたプログラミング技術が大いに役立つことも嬉しいです。分析条件の設定ファイルを大量に準備する必要があった時には、大学院時代に研究で使っていたプログラミング言語Pythonでファイル自動生成ソフトを作成し、開発ステップの効率化に貢献できました。自分の技術を生かせたことで、全ての知識はいずれ繋がり、仕事に役立つだけでなく自らの世界を広げてくれるのだなと実感しました。
また、コーディング1つとっても他の人が理解できるよう記述するなど、大学時代の研究と企業における開発の違いにも慣れてきました。大学時代は一人でマイペースに進めることもできましたが、チームで動く仕事のプロジェクトとなると社内ルールの徹底は必須。チームの一員として求められる行動を違和感なく取れる自分に成長を感じます。

顧客を身近に感じる
技術者としての気付き。

「作れる」の大前提にあるのはお客様への理解。

働く中で意外に感じたのが、開発担当でありながらお客様の存在が近いことです。お客様からの問い合わせ対応や営業支援の資料を作成することがあるのですが、お客様を身近に感じていると、お客様への理解こそが「企業として何を作るか」に深く関わるのだと感じます。今後は市場やニーズへの理解を深めるべく、装置がどういった分野の研究に使われるのかまでもっと幅広い知識を得ていきたいです。
また、島津では新人にもいろいろな業務が任されます。プロジェクトの掛け持ちもそうですが、営業支援資料の作成では私がメインとなって特定のお客様に向けた専用データの取得に奔走したり、配属後すぐから一人の技術者として業務にあたってきました。意欲的に学ぶ人はどんどん活躍の場が与えられる職場でもあるので、モノづくりが好きで、自分の専門外にもチャレンジしたいという人にはぴったりだと思いますよ。周囲にも自主的に興味のある分野を学んだり資格試験を受けたりしている人が多いですね。私自身、ガストロマトグラフについて、講習会や勉強会以外にも時間をつくって勉強しています。周囲の先輩方は質問すれば教えてくれますが、聞くだけではなかなか自分の知識になりません。今でも営業担当からの技術的な質問の電話にうまく答えられないことがあり、日々勉強だなと痛感します。
とはいえ、私は趣味だったモノづくりが企業人としてのやりがいに繋がり、とても充実しています。まだ自分の手がけた開発が製品化された経験はありませんが、いま手がけているプロジェクトが形になり、お客様の役に立つことを想像するとワクワクします。

MY WORK LIFE

一日の流れ

  • 7:20
    • 起床
    • 作り置きしてある朝食を摂り、自転車で出社。ひとり暮らしで自炊にこだわりあり。
  • 8:20
    • 出社
    • 午前中はメールチェックや問い合わせ対応、営業支援関連の仕事に当てることが多い。
  • 11:45
    • 昼食
    • 持参したお弁当を食べる。夜は友人と外食する日もあるので、栄養バランスを考えて昼食の献立を決めている。
  • 12:30
    • 製品開発
    • 集中して臨みたいので、午後にまとまった時間を取るよう心がけている。
  • 17:00
    • 退社
    • 週に2回は同僚と社内のジムで体づくりに励むのが楽しみ。
  • 20:00
    • 帰宅
    • 趣味のモノづくりや家事に没頭する時間。仕事で扱うプログラミング言語を勉強することも。
  • 24:00
    • 就寝

SHIMADZU PEOPLE

社員インタビュー 一覧へ