分析計測機器・国内営業

分析計測事業部 営業統括部 関西支社営業部 第4G
システム理工学部 物理・応用物理学科
阿南 優太 / 2019年入社

  • 営業系
  • 国内
  • 男性

研究のおもしろさを知る私が、
研究の現場を支える喜び。

ブランドファンをつくる営業のあり方に憧れて。

大学では物理学を専攻し、超音波の物理特性をテーマに研究していました。当時は研究も面白く、なんとなく将来は技術系の職種に就くのかと思っていました。しかし、私の研究室に訪れていた、「とある営業マン」に影響を受け営業職に興味を持ちました。その人は当時3年生だった私よりもはるかに研究室の研究内容に詳しく、人柄と信頼の厚さから研究室全体が彼のファンになっていました。装置の使い方提案や研究分野に関する情報提供など、お客様目線に立った営業を体現する姿がとても格好良くて「私もこういう仕事がしたい」と強く憧れたことを今でも鮮明に思い出します。
当時の「とある営業マン」、今となっては私の目標でもある、憧れの大先輩です。 そして「自分が活躍できる企業」というテーマで就職活動を開始しました。
営業としてお客様に製品を提案する際、理系の素養を活かせる企業ならば自分が活躍できるのではないかと考え、理化学機器やセンサー関係のメーカー等を主軸に就職活動に取り組んだ結果、島津製作所で営業マンとして働く事になりました。
営業職で理系学部出身者は少数派ですが、お客様の研究に関わる論文をスムーズに読めたり、分析装置のパラメータを理解できたりと理系の素養を生かせる場面が多々あります。
特に、お客様との面談の際に「阿南さん営業なのによくわかっているね、信頼できる」などとお褒めの言葉を頂く機会もあります。このように理系出身であるからこそ、お客様とのコミュニケーションから信頼関係を築く事ができるという点で、島津営業には「理系だからこそ活躍できる場」があるのではないか、と日々実感しています。
また、研究のおもしろさを知る身だからこそ、人々が技術を突き詰めていく現場を広く見聞できる点や世界のモノづくりを牽引する日本最先端の研究にふれられる点、お客様の仕事を支えることで社会に貢献できる点に大きな魅力を感じています。

「お客様の研究を支えたい気持ち」は通じる。

入社して1年半。先日、自分の成長を実感できる嬉しい出来事がありました。お客様からX線検査装置を受注した時の話です。始まりはお客様からの問い合わせでした。内容は、他社の装置を長く使用しており、買い替えにあたって複数のメーカーで比較検討したいとのこと。すぐに電話でご挨拶と簡単なヒアリングを行い、2日後には資料を作成して具体的なご提案に向かいました。
私が営業活動において重視しているのが対応の迅速さです。お客様と信頼関係を築くには、素早く正確なアクションの積み重ねは欠かせません。質問やご要望にその場でご返答できず持ち帰ることもありましたが、営業や技術の先輩社員にサポートしてもらいながら、当日中のレスポンスを欠かすことなく商談を進めました。また島津製品のご紹介だけでなく、他社の動向やデモのスケジュールなども細かくヒアリング。さらにお客様には本来の研究業務に専念していただけるよう、選定に必要な事務書類の作成をお手伝いしました。
そういった細やかさが、導入前から高いご満足に繋がったようです。見積価格が他社より高額だったにもかかわらず、島津製品を選んでいただけました。特に嬉しかったのが「製品仕様や書類のことで親身に対応してもらえたから、島津さんなら安心だと思った」というお客様からの言葉。問い合わせから受注までの約2ヵ月間で選定の決め手になるほど信頼していただけたことに、誇らしさを感じたとともに、営業としてお客様に与える付加価値は「装置提供」だけでなく、分析計測装置を通じて「お客様の業務全体をサポートする事」であると再認識しました。

夢は大きく、目指すはトップ。

力を尽くし成果に繋がるおもしろさ。

営業は自分の動きが会社の売上に直結する仕事です。特定の装置を担当に持つわけではないので、島津が有する多数の製品の知識を学ぶ必要がありますし、お客様のざっくりとした要望からニーズを具体化するには高度な専門分野への理解も必要です。
特に、私は物理学専攻であったため、化学については完全に素人です。なので、お客様から「○○と××の反応による物質を分析したい」などと全くの専門外のご相談をいただいた際は、高校時代の教科書を引っ張り出して、一から勉強しなおすこともあり、例え理系出身であったとしても当然、学ぶべきことがたくさんあるという大変さはあります。だからこそ努力が実を結んだ時には大きな達成感を得られます。お客様にどのようなアプローチが最適か、また自分が持てる力で日々の活動をどう組み立てるかといった工夫のしがいもあります。企業の顔として最前線で人と接する仕事は楽しいですよ。特に私と同じようにさまざまな業界にふれることに興味がある人なら、きっと仕事を通して世界が広がるところにも大きな楽しさを見つけられるでしょう。
私の目標は「社長になること」です。入社したからにはトップを目指したいという思いがあり、ずっと公言しています。まずは近いうちに会社の業績に大きく貢献できる営業、なくてはならない人材になってみせます。

MY WORK LIFE

一日の流れ

  • ※最近は在宅勤務が増えており、直行直帰が推奨されています。

    6:00
    • 起床
    • 朝食を摂り、仕度をして出社。通勤中はスマホアプリで新聞記事をチェック。
  • 9:00
    • 出社
    • メールチェックの後、訪問先へ出発。
  • 12:00
    • 昼食
    • 移動途中でコンビニに寄り、社用車の中で済ませることが多い。
      社内にいる日には先輩社員と近場の定食屋へ出かけることも。
  • 13:00
    • 顧客訪問
    • 訪問は1日に3件ほど。
      島津製品を取り扱う商社へ新商品の案内に赴くことも。
  • 16:00
    • 帰社・デスクワーク
    • 持ち帰った顧客からの問い合わせは、その日のうちに回答を調べて連絡。業務報告、見積書の作成を行い、翌日の準備。
  • 19:00
    • 退社
    • 友人と食事に出かけたり、ジムでリフレッシュしたり。忙しい時期には残業をすることも。
  • 21:00
    • 帰宅
    • 1日を振り返りつつ寝る準備。
  • 24:00
    • 就寝

SHIMADZU PEOPLE

社員インタビュー 一覧へ