海外営業

Shimadzu Medical Systems USA
医学部保健学科 放射線技術科学専攻
三井 貴司 / 2011年入社

  • 営業系
  • 海外
  • 男性

医学部で学んだ放射線の知識を人々の役に立てたい。

放射線技技師を目指して研究に取り組む。

大学時代は初心者で入ったバドミントン部でその魅力にハマり、多くの時間をバドミントンに費やしました。週5回、きつい練習をして全国大会にも出場したので、結果はともかく負けん気や根性はついたと思います。部活動を続けながらも、放射線技師を目指して勉強に取り組み、大学院に進学しました。大学病院の脳神経外科の先生方と一緒に研究し、学会発表や論文執筆にも取り組みました。この世界の奥深さを知るとともに、論理的な思考を身につけるのにも役立ちました。
就職の際には、身に付けた放射線医学の知識を役立てたいと思い、医療系の企業を志望しました。島津は説明会や面接の際に会った社員の人たちがとても良い雰囲気で働いていたこと、そして医療以外にも分析計測機器や航空機器など事業分野が多岐にわたっているので、自分の幅を広げられるのではと思い、ここで働きたいと思うようになりました。

世界経済の中心である
北米でマーケティング業務を担当。

札幌から中近東・アフリカ、そしてアメリカへ赴任。

入社して配属されたのは、医用機器事業部の営業で赴任地は札幌でした。札幌のある道央、函館などの道南地区が担当で、製品の売り込みや装置搬入立ち会い、装置プレゼンなどが主な業務。3年間、ここで仕事の基本を学び、その後は東京支社の海外事業開発部に異動し、中近東・アフリカを担当しました。販売子会社に対する営業支援が中心ですが、現地に赴いて製品説明や展示会のサポートをするのも面白かったですね。2017年2月からはアメリカのShimadzu Medical Systemsで、マーケティング・マネージャー兼X線装置のスペシャリストとして装置の販売やマーケティングを担当しています。勤務地はカリフォルニア州のトーランス市という温暖でビーチがたくさんある街です。オフィスでは多様な人種のスタッフが働いていて、はじめは言葉の壁もあり少し苦労しました。会議なども皆どんどん発言して議論を闘わせるので、自分から発言しないとどんどん取り残されてしまう。自信はなくても積極的に発言していくように心がけていたら徐々に信頼を得ることができてきました。英語もまだまだ練習は必要ですが、現地スタッフとも気軽に話せるようになっています。

言葉の壁を超え「ONE SHIMADZU」を実感。

こちらに赴任して一番大きな仕事となったのが、毎年シカゴで行われる北米放射線学会「RSNA」への出展でした。そもそも展示会の全体像が掴めず、準備でどのような作業が必要なのかもよくわかっていないのに時間は刻々と迫ってきます。開き直って「自分がやれそうなことは全てやろう」と決め、展示製品リストアップやブース内のプレゼン準備、販促用ムービー作成、スタッフとの情報共有など思いつく限りの作業を実行していきました。心配なまま迎えた本番でしたが、新製品のお披露目も上手く行うことができ、来場顧客数は過去最高。スローガンとして掲げている「ONE SHIMADZU」という言葉通り,スタッフ全員と喜びを共有できた経験でした。
3億人という多様な出自の人口を抱え、世界最大の経済規模を誇るアメリカの地で顧客の声に耳を傾け、得られた情報を元に新製品の開発提案や新しいビジネスモデルの検討、製品を売るための仕組みづくりなどを考えていくのが今後の目標です。ここは様々な業務に携われるチャンスに溢れているので、自分の担当であるマーケティング業務だけでなく、会社のマネジメントについても学んでいきたいですね。

MY WORK LIFE

一日の流れ

  • 6:30
    • 起床
    • 早めに起きて朝食や身支度をする。
  • 7:30
    • 出勤
    • 始業は8:00だが早めに出勤し、メールチェックなどを終わらせる。
  • 8:30
    • 電話会議
    • アメリカ国内のオフィス間、代理店との電話会議は主に午前中に行う。
  • 11:00
    • 打ち合わせ
    • マーケティングスタッフと製品戦略などを話し合う。
  • 12:00
    • 昼食
    • 市内には日本食だけでなく南米や韓国の料理店など多様な飲食店が揃う。
  • 13:00
    • 社内打ち合わせ
    • 製品の出荷スケジュールなどをスタッフと調整。
  • 14:00
    • デスクワーク
    • 午後はオフィスにて作業をしていることが多い。
  • 16:00
    • 日本との電話会議
    • 時差を考慮して、電話会議は夕方に行う。
  • 18:00
    • 退社
    • 現在はオフィスから約15分の場所に住んでいる。
  • 19:00
    • 夕食
    • 夕食は自宅で食べることが多いが、休日にはハンバーガー店めぐりにハマっている。
  • 23:00
    • 就寝
    • 翌日に備えて遅くならない時間にベッドに入る。

SHIMADZU PEOPLE

社員インタビュー 一覧へ