品質保証

分析計測事業部 品質保証部
物質理学研究科物質科学専攻
奥村 健一 / 2010年入社

  • 技術系
  • 国内
  • 男性

問題解決を阻んだコストの壁

島津製作所の主力であるガスクロマトグラフは、今では世界中のお客様に愛用されています。しかし製品が世界に広がれば、現地の気候風土の影響を受けて、日本国内では考えられないような不具合が発生することもあります。特に問題が起きやすいのは、東南アジアです。高温多湿な環境に加え、取扱い方の違いなどもあり、とある部品がすぐに劣化するという報告がシンガポールの拠点からたびたび寄せられ、私が改善を担当することになりました。製品開発部門の技術者とともに対策を練り、部品に使われる金属材料を別の種類の金属に交換することで一件落着、かと思ったのも束の間、部品メーカーに問い合わせると、材料が変わることでコストが大幅に上昇することが分かりました。他に手段はないか、あらゆる可能性を探るものの、打開策は見つかりません。私たちは、袋小路に入り込んでしまいました。

ブレークスルーを可能にした周囲の協力。
SHIMADZUの信頼を守るために。

それでも、あきらめようと思ったことは一度もありません。製品のむこうには多くのお客様がいて、一日も早い問題解決を待っているからです。脳裏をよぎったのは、入社2年目の出来事。製品が思うような結果を出せず、お客様から「二度と買わない」とも。でも別の角度で新たな改善策を講じたところ、問題は解決。信頼回復できました。今度もどこかに突破口があるはずだ。私はそう信じて、社内のあらゆる部署をまわって意見を聞き、ヒントを探りました。決め手になったのは、調達部門のサポート。貴重な意見をくれただけでなく、部品メーカーとの交渉に自ら乗り出し、材料交換とコストダウンを実現できました。情報感度を高め、社内の人脈を広げ、必要な時に必要な人の力を借りる。多くの専門家が集まる島津製作所ではそれが可能です。世界中の信頼を揺るぎないものにするために、これからも人とのつながりを大事にしたいと思います。

SHIMADZU PEOPLE

社員インタビュー 一覧へ