分析計測機器・国内営業

分析計測事業部 関西支社営業部
法学部 法律学科
北村 孝平 / 2005年入社

  • 営業系
  • 国内
  • 男性

人と人が信頼しあえる関係。
それが営業の出発点。

一緒に働きたい!と惚れ込んだ人が上司に。

出身大学は文系だったので、島津製作所の名前は知っていても実は何を作っている会社か知りませんでした。就職活動を始めてからやっとどんな事業をしているかを知ったくらいです。ただ、面接を通じて、この会社で働きたいと強く思うようになりました。二次面接官だった営業の課長の方が非常にバイタリティ溢れる人で、この人と一緒に働きたい! と「一目惚れ」してしまったんです。いざ、入社して配属先が決まったら、その方が直属の上司でビックリしました。思っていたとおり、一緒にお客様を訪問するだけで勉強させられることがいっぱいで、部署を移った今でも目標としている仕事人です。

チームの一員として予算確保にも奔走。

今は、大阪府と奈良県の大学と研究所を担当し、数で言えば10箇所程度を受け持っています。それらのお客様に分析装置を紹介、提案しているのですが、分析装置はおよそ、あらゆる理工系の研究室で使われるものなので、一大学で場合によっては100人を超える先生がお客様になり得ます。新人の頃は顔を覚えてもらおうと、研究棟まるごと1棟、上から下まで全ての部屋を回ったりもしましたね。
営業というと「売る」「買う」というドライな関係だと思っていたのですが、実際に現場に出ると人と人の関係づくりが第一。装置を買ってもらうためにお客さんと一緒に予算申請の計画を立てたり、研究のために必要な装置の構成を考えたりすることも多く、お客さんと二人三脚で装置の導入を進めていくこともあります。
また、いざ装置を購入していただくという段階になっても高価なものだけに、口で話すだけでは商談はまとまりません。実際にものを見てもらうために装置を大学に持ち込んで、実物を使ってもらったり、島津本社のショールームにアテンドして、十分納得していただく必要があるんです。日程調整をしたうえでトラックを手配して、セットアップや詳しい説明のできる技術の人を呼んで……。毎日がそんな感じでちょっとしたイベントの連続です。そうした、お客様である大学や研究所の先生の性格に見合った技術者を営業が選定したりと、人のマッチングまで考えて手配するので、うまくハマったときは気持ちいいですね。舞台役者とプロデューサー双方のやりがいを感じられます。

研究を支援、
島津のファンを増やす。

分析結果に抱き合って喜ぶ。

先生だけでなく学生さんの相談事にも親身な対応をしています。島津のファンになってもらえれば、将来購入してくれる可能性もありますからね。ある大学の研究室で、色んな手法で分析に取り組んでいるんだけど、どうしても検出できない成分があって、困っていると相談を受けたことがありました。卒業論文を書くのにどうしてもその成分が見えないといけないと学生さんの1人が焦っているということでした。それを聞いて私は半ば冗談で先生に「この装置でそれが見えたら買ってください」と新製品を持ち込んで分析してみたら本当に見えたんです。先生と学生さんと3人で抱き合って喜んで、先生はその後、本当にその装置を購入してくれました。しかも、ほかの研究室から予算を借りてまで。営業冥利に尽きる瞬間でしたね。
営業の仕事にウルトラCはありません。お客様に対しても社内の人に対しても日々の挨拶に始まり、こまめに連絡したり顔を見せたり、そういう積み重ねで信頼を得ていくことに尽きます。地道なようですが、そうやって絆が深まるにつれて仕事はどんどん面白くなっていくんです。
私の仕事は研究者を支え、研究を成功に導くこと。その結果治らなかった病気が将来的に治るようになったり、新薬や新素材が開発できて社会に貢献する。そんな夢が追えるのが、この仕事の醍醐味です。

MY WORK LIFE

一日の流れ

  • 7:00
    • 起床
  • 9:00
    • 出社
    • メールチェックや伝票処理から、午後の顧客訪問に備えたプレゼン資料の準備など。
  • 12:00
    • 昼食
    • 訪問先の学食や駅ナカのレストランで済ませることが多い。
  • 13:00
    • 顧客訪問
    • 新製品の案内から、問い合せへの回答。クレーム対応や納入先の下見まで飛び回る。
  • 17:00
    • 帰社・デスクワーク
    • 顧客訪問結果のまとめ、上司への報告・連絡・相談、見積書の作成など
  • 19:00
    • 退社
    • 20:00には帰宅し、子どもと遊んだり、勉強をしたり。
  • 23:30
    • 就寝

INTERVIEW MOVIEINTERVIEW MOVIE

SHIMADZU PEOPLE

社員インタビュー 一覧へ