研究開発

基盤技術研究所 AIソリューションユニット
工学研究科 電気電子情報工学専攻
知野見 健太 / 2009年入社

  • 技術系
  • 国内
  • 男性

技術の最先端で“未知”を切り拓く。

今、若い世代が求められている。

学生時代は画像処理を用いた研究テーマに取り組んでおり、島津の「科学技術で社会に貢献する」という社是に共感して就職を決めました。私が所属している基盤技術研究所は、将来の事業化を見据えた研究や、分析計測事業部・医用機器事業部といった各事業部と連携した技術開発をおこなう部署です。これまで質量分析装置、NIRS、磁気センサー信号、 X線CT装置などに関する様々なミッションを担当してきました。入社して間もなくから専門で学んだ画像処理以外の分野も任され、技術者としてどんどん成長できる実感がありました。
当社で情報系学部や電気系、数学系の出身者が求められる分野は幅広く、当部署や各事業所でのデータ処理やアルゴリズム開発、自然言語処理、機械学習などはもとより、本社機能を動かす部署でも業務基幹システムや生産管理システム、また知的財産分野などでも専門知識を持つ人材が活躍しています。特に発展著しいAI関連では、新しい技術を学んでいる若い世代が求められており、新人の頃からプロジェクトで即戦力として活躍してもらっています。

ヘルスケアから産業インフラまで幅広く。

近年携わっていたAI関連のプロジェクトを2つご紹介します。1つはNIRS(Near-InfraRed Spectroscopy)を活用し、認知機能の状態変化を数値化しようというもの。NIRSとは赤外線を使って頭部の血流量の変化を一次元信号で測る装置で、頭にかぶって簡単なタスクをこなすと、脳の活性化している部分がわかります。認知機能の障害度合いを数値化できれば、軽度な段階からアプローチすることが可能になり、また予防トレーニングへの動機付けになる。プロジェクトでは軽度な認知機能障害を対象としたタスクデータの解析を担当しました。
もう1つは、水中磁気探知セキュリティーシステム「MAGNETIC EYES」の開発です。港湾の海底に磁気センサーを設置し、小型潜水艇や侵入ダイバーといった侵入者の磁性体を検知してアラートを発するシステム。製品化すれば発電所や空港など重要施設の監視を果たします。海中には様々な磁気がありノイズとして混ざってしまうため、「見逃さない・誤検知しないこと」が課題でした。ノイズ除去のシミュレーションには磁気光学の理論を活用したのですが、想定ケースが非日常な場所でのレアケースなため現場データがなく、AIの学習データづくりには想像力を要しました。今はどちらも一通りの研究成果に到達し、いったん事業部へ渡して次の展開を待っているところです。

社内に満ちる技術者達の活気

新たな課題を見付け、仲間と前進する喜び。

今、島津は「メーカー」という枠に収まりきらない企業になってきていると感じます。というのも我々はモノづくりをゴールとはしておらず、ソリューションの提供を通じ、社会課題の解決法を生み出し続けている企業だからです。
そんな中、基盤技術研究所におけるAI開発の魅力とは、新しい社会課題を見付けて解決に向けて技術で貢献していく点にあります。技術者に求められるのは、専門的な知見やアイデアを持ち寄り、地道な作業を重ねながら切り拓いていく熱い姿勢。ユニークな内容が多いゆえにデータ入手が難しく、数年単位で事業部とやりとりを続けるプロジェクトが少なくありません。苦労もありますが、最先端の研究データを扱うことは刺激的ですし、望むような結果を出せた時や製品化が実現した時の喜びはひとしお。開発過程で手元に戻ってくるたび、自分たちの技術が社会課題の解決に向けて前進していることを実感できる嬉しさがあります。
また社風として学びに貪欲な人が多く、知的好奇心への刺激が止むことはありません。最近、情報共有ツールを使い、社内ソフトウェア技術者が登録するAI用の情報共有サイトが構築されました。注目の最新技術や活用方法が活発に投稿されており、議論やアイデアを得るきっかけの場になっています。島津は仕事も学びも意欲的に取り組める職場です。熱意で社会をより良く動かしたい、そんな新しい仲間の入社を楽しみにしています。

MY WORK LIFE

一日の流れ

  • 7:30
    • 起床
    • 朝食を摂り、子どもを幼稚園に送ってから出社。
  • 9:00
    • 出社
    • メールチェックやスケジュール、ToDoリストの確認を行う。
  • 10:00
    • デスクワーク
    • 技術文書や出張報告書など、ドキュメントの作成。
  • 12:00
    • 昼食
    • 社員食堂を利用することが多い。
  • 13:00
    • プログラミング・実験
    • 午後は実際に手を動かす研究に当てている。
  • 15:00
    • グループミーティング
    • 実験の結果などを踏まえ、技術的な討論を行う。
  • 18:00
    • 退社
    • 買い物などをしながら自宅へ向かう。
  • 19:00
    • 帰宅
    • 夕食や家事などの後、読書や情報収集に時間を使う。
  • 24:00
    • 就寝

INTERVIEW MOVIEINTERVIEW MOVIE

SHIMADZU PEOPLE

社員インタビュー 一覧へ