学会発表の紹介

当研究所員の行った最近の主な学会発表です。

第91回日本生化学会大会

2018年9月24~26日

3P-045

開環アミノリシスに基づくSALSA 法によるスフィンゴ糖脂質糖鎖の解析

(1北大・2島津・3創価大)
古川 潤一1・花松 久寿1・西風 隆司2・三浦 信明3・朴 錦花1・岡田 和恵1・坂本 直哉1・関谷 禎規2・岩本 慎一2・田中 耕一2

第37回日本糖質学会年会

2018年8月28~30日

1C-09

開環アミノリシスによる新規シアル酸結合様式特異的修飾法

(1北大・2島津・3お茶大)
花松久寿1・西風隆司2・三浦信明3・朴綿花1・岡田和恵1・坂本直哉1・関谷禎規2・岩本慎一2・田中耕一2・古川潤一1

International Mass Spectrometry Conference (IMSC) 2018

2018年8月26~31日

WOr.08 (3:40-4:00 p.m.)

Dissociation of hydrogen-abundant peptide radical formed by hydrogen attachment in gas phase

(1AIST, 2Shimadzu Corporation, 3Kanagawa Institute of Technology)
Daiki Asakawa1, Hidenori Takahashi2, Shinichi Iwamoto2, Koichi Tanaka2, Katsumasa Kamiya3

WP-175

Development of tuner integrated microwave driven radical beam sources for radical induced dissociation molecular structural analysis

(1Doshisha University, 2Shimadzu Corporation)
Yuji Shimabukuro1, Hidenori Takahashi2, Shinichi Iwamoto2, Koichi Tanaka2, Motoi Wada1

University College London (UCL) – Japan Youth Challenge 2018

2018年7月27日~8月5日

UCL Grand Challenge Symposium

MS-based Analytical Science for Advanced Healthcare

(Shimadzu Corporation) Shinichi Iwamoto

Alzheimer’s Association International Conference (AAIC) 2018

2018年7月22~26日

P1-127

Mass Spectrometric Quantification Of Tau Protein Isoforms In Human Cerebrospinal Fluid

(Shimadzu Corporation)
Yusaku Hioki, Ritsuko Yoda, Sadanori Sekiya, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

P1-200

Analysis Of The Amyloid-β-Related Peptides In Mouse Plasma And Cell Culture Media

1Shimadzu Corporation, 2University of Tokyo)
1Naoki Kaneko, 2Masaya Matsuzaki, 2Yota Yoshizawa, 1Shinichi Iwamoto, 1Koichi Tanaka, 2Taisuke Tomita

P3-242

Plasma Biomarker With High Accuracy In Predicting Brain Amyloid-β Burden: Initial Results Across Two Independent Large Cohorts NCGG (Japan) And AIBL(Australia)

1National Center for Geriatrics and Gerontology, 2Shimadzu Corporation, 3Austin Health, 4The University of Melbourne, 5CSIRO, 6Edith Cowan University, 7Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology,8Kindai University)
1Akinori Nakamura, 2Naoki Kaneko, 3 4Victor Villemagne, 1Takashi Kato, 5James Doecke, 3Vincnt Dore, 4Christpher Fowler, 4Qiao-Xin Li, 6Ralph Martins, 3 4Christpher Rowe, 7Kenji Ishii, 8Kazunari Ishii, 1Yutaka Arahata, 2Shinichi Iwamoto, 1Kengo Ito, 2Koichi Tanaka, 4Colin Masters, 1Katsuhiko Yanagisawa

第25回クロマトグラフィーシンポジウム

2018年6月13日

W-04 (依頼講演)

MALDI-MSの基本原理と最近の応用研究

(島津)岩本慎一

第66回米国質量分析学会(ASMS)

2018年6月3~7日

TP 090

Simple and versatile two-step derivatization method for discriminating α2,3-/α2,6-linked sialic acids

(1Shimadzu Corporation, 2Hokkaido University) 
Takashi Nishikaze1, Hisatoshi Hanamatsu2, Jun-ichi Furukawa2, Sadanori Sekiya1, Shinichi Iwamoto1, Koichi Tanaka1

TP 522

MALDI-MS Proteotyping for Phylogenetic Classification of Yeasts

(1Shimadzu Corporation, 2The University of Tokyo)
Kanae Teramoto1, Yoshihiro Yamada1, Sadanori Sekiya1, Shinichi Iwamoto1, Hiroyasu Onaka2, Koichi Tanaka1

ThP 251

Electron Ionization Dissociation of Proteins, Peptides, and Small Molecules using a Digital Ion Trap Mass Spectrometer

(Shimadzu Corporation)
Hidenori Takahashi, Sadanori Sekiya, Shosei Yamauchi, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

WOH pm 02:30

Radical-induced Dissociation of Isomeric Compounds Using Various Gas-phase Radical Species (H・, OH・, N・, O)

(1Shimadzu Corporation, 2Doshisha University, 3AIST)
Hidenori Takahashi1, Yuji Shimabukuro2, Daiki Asakawa3, Shinichi Iwamoto1, Motoi Wada2, Koichi Tanaka1

日本質量分析学会・日本プロテオーム学会2018年合同大会

2018年5月15~18日

1P-48

新規反応系導入によるシアル酸結合様式特異的修飾法SALSA™の改良と高汎用化

(1島津・2北大) 
西風隆司1・花松久寿2・古川潤一2・岩本慎一1・田中耕一1

1P-51

SALSA-glycoblotting法によるスフィンゴ糖脂質糖鎖のシアル酸構造異性体識別

(1北大・2島津・3創価大)
花松久寿1・西風隆司2・三浦信明3・岡田和恵1・朴錦花1・坂本直哉1・関谷禎規2・岩本慎一2・田中耕一2・古川潤一1

2B-O2-M-1600

MALDI-TOF/TOFを用いる20keV高エネルギーCIDによるペプチド分解の新局面

(1横市大・2島津)
高山光男1・関谷禎規2・岩本慎一2・田中耕一2

3P-45

皮膚常在菌のMALDI-MSプロテオタイピング

(島津)
寺本華奈江・児嶋浩一・山田賢志・大久保達樹・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

日本薬学会第138年会

2018年3月25~28日

27L-pm03

質量分析を用いたシアリル糖鎖解析のための化学修飾法SALSAの開発

(島津)
西風隆司・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

27L-pm04

超百寿者血漿タンパク質のN-結合型糖鎖解析による健康長寿マーカー探索

1東京都健康長寿医療センター研究所・2島津・3国立衛研・4慶應大)
津元裕樹1・西風隆司2・橋井則貴3・阿部由紀子4・新井康通4・関谷禎規2・岩本慎一2・石井明子3・広瀬信義4・田中耕一2・三浦ゆり1・遠藤玉夫1

26PA-am032

マウスにおけるアルツハイマー病血漿バイオマーカー分子 APP669-711 の解析

1島津・2東大)
金子直樹1・松崎将也2・吉澤遥太2・岩本慎一1・田中耕一1・富田泰輔2

26PA-pm022

質量分析によるヒト脳脊髄液中タウアイソフォームの定量法開発

(島津)
日置雄策・金子直樹・依田里都子・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

第57回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会

2018年3月11日

シンポジウム 講演1

臨床検査のためのMALDI-MS

(島津)岩本慎一

ISPlasma 2018/IC-PLANTS2018

2018年3月4~8日

07aB08O

A Tuner Integrated Microwave Driven Atomic Source for Radical Induced Dissociation Mass Analysis

(1Doshisha University, 2Shimadzu Corporation)
Yuji Shimabukuro1, Hidenori Takahashi2, Shinichi Iwamoto2, Koichi Tanaka2, Motoi Wada1

ASMS Sanibel Conference 2018

2018年1月25日

Poster#2

Fundamental Study of Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD) Tandem Mass Spectrometry by Ab initio Calculation

(1AIST, 2Shimadzu Corporation, 3Kanagawa Institute of Technology)
Daiki Asakawa1, Hidenori Takahashi2, Shinichi Iwamoto2, Koichi Tanaka2, Katsumasa Kamiya3

名古屋大学 予防早期医療創成センター
第7回ワークショップ

2018年1月23日

ポスターセッションNo.8

MALDI-MSによる皮膚表面の脂質分析

(島津)
川畑慎一郎・岩本慎一

2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)

2017年12月6~9日

2P-0019

大規模グライコミクスへのインフォマティクスからのアプローチ

(1お茶大・2島津・3北大・4金城学院)
三浦信明1・西風隆司2・花松久寿3・古川潤一3・横田育子3・岡田和恵3・関谷禎規2・岩本慎一2・坂本直哉3・田中耕一2・篠原康郎4 

2P-0020

Glycoblotting-SALSA 法によるスフィンゴ糖脂質糖鎖の網羅的解析

(1北大・2島津)
花松久寿1・西風隆司2・横田育子1・岡田和恵1・坂本直哉1・関谷禎規2・岩本慎一2・田中耕一2・古川潤一1

1P-0203

Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD) タンデム質量分析法を用いたチロシン硫酸化分析

(島津)
高橋秀典・山内祥聖・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

The 10th EU-Japan Symposium on Plasma Processing (JSPP2017)

2017年12月4~7日

P-24

A Compact Microwave Driven Tuner-Free Capacitively Coupled Plasma Atom/Ion Source

(1Doshisha University, 2Shimadzu Corporation)
Yuji Shimabukuro1, Hidenori Takahashi2, Shinichi Iwamoto2, Koichi Tanaka2, Motoi Wada1

第36回日本認知症学会学術集会

2017年11月24~26日

058

アルツハイマー病血漿バイオマーカー分子APP669-711産生機構の解析

(1東大・2島津)
吉澤遥太1・金子直樹2・岩本慎一2・田中耕一2・富田泰輔1

066

ヒト脳脊髄液中タウアイソフォーム定量のための高感度質量分析法の開発

(島津)
金子直樹・日置雄策・依田里都子・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

第28回クロマトグラフィー科学会議

2017年11月15~17日

I-08(依頼公演)

MALDI-MS と疾患バイオマーカー研究

(島津)
岩本慎一

Italy meets Asia:Scientific Venue in Kyoto 2017

2017年11月1日

本会議

Beyond innovation in Science and Technology

(島津)
関谷禎規

第61回日本薬学会関東支部大会

2017年9月16日

H-02

マウス血漿N-結合型糖鎖に及ぼすシアル酸投与の影響

(1東京都健康長寿医療センター研究所・2湘南工科大・3島津)
鈴木秀行1,2・津元裕樹1・岩本真知子1・野田義博1・西風隆司3・関谷禎規3・岩本慎一3・田中耕一3・武藤昌図2・遠藤玉夫1・三浦ゆり1

第42回日本医用マススペクトル学会年会

2017年9月14~15日

P-11

IP-MRMによるヒト脳脊髄液中タウタンパク質の高感度分析とアイソフォーム識別部位の定量

(島津)
依田里都子・日置雄策・金子直樹・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

日本分析化学会第66年会

2017年9月9~12日

P2030

Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD)タンデム質量分析法を用いた脂質の異性体分析

(島津)
高橋秀典・山内祥聖・ 関谷禎規・岩本慎一・ 田中耕一

第78回 応用物理学会 秋季学術講演会

2017年9月5~8日

5p-S22-14

マイクロ波駆動誘導結合型原子源が生成する水素ラジカル温度

(1同志社大・ 2島津)
島袋祐次1・ 高橋秀典2・ 和田元1

日本プロテオーム学会2017年大会

2017年7月26~28日

1S-1-1(1P-13)

ヒト脳脊髄液中Tauタンパク質の高感度質量分析とアイソフォーム識別部位の定量

(島津)
日置雄策・金子直樹・依田里都子・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

2S-3-4(2P-34)

標的修飾ペプチド・データベース検索による尿中ペプチドの網羅的同定

(島津)
村瀬雅樹・福山裕子・日置雄策・山田賢志・児嶋浩一・岩本慎一・田中耕一

第36回日本糖質学会年会

2017年7月19~21日

P-007

シアル酸結合様式特異的修飾法の糖ペプチド質量分析への展開

(島津)
西風隆司・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

P-022

Glycoblotting-SALSA法によるヒト血清スフィンゴ糖脂質糖鎖の網羅的解析

(1北海道大・ 2島津)
花松久寿1・西風隆司2・ 横田育子1・岡田和恵1・坂本直哉1・古川潤一1

第40回日本基礎老化学会大会

2017年6月14~16日

C-09

MALDI-TOF MS analysis of N-Glycans on plasma proteins from Japanese semisupercentenarians

(1Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology, 2Shimadzu Corporation, 3National Institute of Health Sciences, 4Keio University)
Hiroki Tsumoto1, Takashi Nishikaze2, Noritaka Hashii3, Yukiko Abe4, Yasumichi Arai4, Shinichi Iwamoto2, Akiko Ishii-Watabe3, Nobuyoshi Hirose4, Koichi Tanaka2, Yuri Miura1, Tamao Endo1

第65回米国質量分析学会(ASMS)

2017年6月4~8日

MP 091

A Universal Approach to linkage-Specific Derivatization for Sialic Acids on Glycopeptides

(Shimadzu Corporation)
Takashi Nishikaze, Sadanori Sekiya, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

WP 210

Fundamental Aspect of Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD) Tandem Mass Spectrometry

(1AIST, 2Shimadzu Corporation)
Daiki Asakawa1, Hidenori Takahashi2, Shosei Yamauchi2, Sadanori Sekiya2, Shinichi Iwamoto2, Koichi Tanaka2

WP 211

Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD) of Tryptic Peptides using LC-ESI-MS/MS

(Shimadzu Corporation)
Hidenori Takahashi, Shosei Yamauchi, Sadanori Sekiya, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

WP 352

Development of a Compact Microwave Driven ICP Atom Source for Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD) of Tandem Mass Spectrometry

(1Doshisha University, 2Shimadzu Corporation)
Yuji Shimabukuro1, Hidenori Takahashi2, Shinichi Iwamoto2, Koichi Tanaka2, Motoi Wada1

ThP 050

Highly Sensitive Mass Spectrometric Analysis of Tau Protein Isoforms in Human Cerebrospinal Fluid

(Shimadzu Corporation)
Yusaku Hioki, Naoki Kaneko, Ritsuko Yoda, Sadanori Sekiya, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

第65回質量分析総合討論会

2017年5月17~19日

2A-AW-1710 (受賞講演)

MALDI-MSによるペプチド・糖ペプチド・糖鎖の解析における高感度化-糖鎖修飾構造解析法-

(島津)
西風隆司

1P-10

ヒト脳脊髄液中Tauタンパク質のアイソフォーム識別のための高感度質量分析法

(島津)
日置雄策・金子直樹・依田里都子・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

1P-28

糖ペプチド用シアル酸結合様式特異的修飾法の開発

(島津)
西風隆司・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

2D-O1-0950

Hydrogen attachment/abstraction dissociation (HAD) 及び多種気相ラジカル種(H/O/OH)を用いた新規フラグメンテーション法の開発

(1島津・ 2同志社大)
高橋秀典1・島袋祐次2・ 山内祥聖1・関谷禎規1・岩本慎一1・ 和田元2・ 田中耕一1

3C-O2-1545

MALDI-ISDで生成したフラグメントイオンの高エネルギーCIDの特徴

(1横市大・2島津)
高山光男1・関谷禎規2・岩本慎一2・ 名越慶士郎1・ 田中耕一2

3P-31

MALDI-TOF MSとシアル酸結合様式特異的誘導体化法を用いた血漿中遊離糖鎖解析法の開発

(1東京都健康長寿医療センター研究所・2島津・3慶応大)
津元裕樹1・西風隆司2・阿部由紀子3・新井康通3・関谷禎規2・岩本慎一2・田中耕一2・三浦ゆり1・遠藤玉夫1

3P-51

Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD)を用いた低価数ペプチドのLC-ESI-MS/MS分析

(島津)
山内祥聖・高橋秀典・関谷禎規・岩本慎一・田中耕一

日本質量分析学会 第68回イオン反応研究会

2017年4月23日

PM11

気相ラジカル種を用いたタンデム質量分析法(HAD-MS/MS)の開発

(1島津・2同志社大)
髙橋秀典1 ・関谷禎規1 ・岩本慎一1 ・和田元2・ 田中耕一1

Global Breast Cancer Conference 2017

2017年4月20~22日

P0067

Stability of serum IgG Fc N-glycosylation profiling, a promising biomarker for breast cancer diagnosis

(1Kyoto University, 2Shimadzu Corporation, 3Keio University)
Nobuko Kawaguchi-Sakita1, Takashi Nishikaze2, Sadanori Sekiya2, Masahiro Sugimoto3, Koichi Kojima2, Masahiro Kawashima1, Mariko Tokiwa1, Eiji Suzuki1, Masakazu Toi1

ISPlasma2017/IC-PLANTS2017

2017年 3月1~5日

03P73

Development of Compact Microwave Driven Atomic Beam Sources

(1Doshisha University, 2Shimadzu Corporation)
Yuji Shimabukuro1, Hidenori Takahashi2, Motoi Wada1

第32回 日本環境感染学会総会・学術集会

2017年2月24~25日

招請講演1

MALDI-MS - ライフサイエンス研究から臨床検査へ -

(島津)
岩本慎一

名古屋大学 予防早期医療創成センター
第6回ワークショップ

2017年1月23日

2-2

皮膚表面の質量分析法

(島津)
岩本慎一

平成28年度 東洋大学生命環境科学研究センター
研究進捗報告シンポジウム

2016年12月16日

特別講演(2)

質量分析、人と地球の健康のために

(島津)
岩本慎一

第33回 プラズマ・核融合学会 年会

2016年 11月29日~12月2日

30pP04

マイクロ波を用いた小型原子源の開発

(1同志社大・2島津)
島袋祐次1 ・髙橋秀典2 ・和田元1

第56回日本核医学会学術総会

2016年11月3~5日

シンポジウム6-4

Novel plasma biomarker surrogating cerebral amyloid deposition in Alzheimer's disease

(島津)
金子直樹

第35回日本糖質学会年会

2016年9月1~3日

P-065

超百寿者血漿タンパク質の N-結合型糖鎖シアル酸結合様式の解析

(1東京都健康長寿医療センター研究所・2島津・3国立医食研・4慶応大)
津元裕樹1・西風隆司2・橋井則貴3・三浦ゆり1・阿部由紀子4・新井康通4・岩本慎一2・石井明子3・広瀬信義4・田中耕一2・遠藤玉夫1

日本プロテオーム学会2016年大会(JHUPO第14回大会)

2016年7月28~29日

2P-07

新規内在性ペプチド同定ソフトウエアの尿試料への適用

(島津)
村瀬雅樹・ 福山裕子・ 日置雄策・ 山田賢志・ 児嶋浩一・ 岩本慎一・ 田中耕一

第64回米国質量分析学会(ASMS)

2016年6月5~9日

ThOB pm 02:50

Improvement of Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD) efficiency for low-charged peptides using supplemental activation

(1Shimadzu Corporation, 2Doshisha University)
Hidenori Takahashi1, Sadanori Sekiya1, Takashi Nishikaze1, Shosei Yamauchi1, Shinichi Iwamoto1, Motoi Wada2, Koichi Tanaka1

WP 131

Sialyl linkage-specific glycan profiling using solid-phase SALSA: a simple and versatile derivatization approach

(1Shimadzu Corporation, 2Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology)
Takashi Nishikaze1, Hiroki Tsumoto2, Yuzo Yamazaki1, Shinichi Iwamoto1, Yuri Miura2, Koichi Tanaka1

ThP 514

3-Hydroxy-4-nitrobenzoic acid (3H4NBA) as a MALDI matrix for In-Source Decay

(1Shimadzu Corporation, 2Hiroshima University)
Yuko Fukuyama1, Shunsuke Izumi2, Koichi Tanaka1

ThP 515

Application of hydrogen attachment/abstraction dissociation (HAD) for peptide analysis

(Shimadzu Corporation)
Sadanori Sekiya, Hidenori Takahashi, Takashi Nishikaze, Shosei Yamauchi, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

第64回質量分析総合討論会

2016年5月18~20日

1B-O1-1605

水素付着/脱離解離(HAD)を用いた低価数ペプチドイオンの構造解析

(1島津・ 2同志社大)
高橋秀典1・ 関谷禎規1・ 西風隆司1・ 山内祥聖1・ 岩本慎一1・ 和田元2・ 田中耕一1

1P-27

In-Source Decay using 3-Hydroxy-4-Nitrobenzoic Acid (3H4NBA) as a MALDI Matrix

(1島津・ 2広島大)
福山裕子1・ 泉俊輔2・ 田中耕一1

2P-23

超百寿者血漿のN -結合型糖鎖におけるシアル酸結合様式の解析

(1東京都健康長寿医療センター研究所・ 2島津・ 3慶応大)
津元裕樹1・ 西風隆司2・ 三浦ゆり1・ 阿部由紀子3・ 新井康通3・ 岩本慎一2・ 広瀬信義3・ 田中耕一2・ 遠藤玉夫1

3P-05

ペプチド構造解析における水素付着/脱離解離法(HAD)の有用性

(島津)
関谷禎規・ 高橋秀典・ 西風隆司・ 山内祥聖・ 岩本慎一・ 田中耕一

3P-12

標的ペプチド・データベースを用いた内在性ペプチド同定ソフトウェアの開発

(島津)
村瀬雅樹・ 福山裕子・ 日置雄策・ 山田賢志・ 児嶋浩一・ 岩本慎一・ 田中耕一

3P-23

固相SALSAを用いるシアル酸結合様式特異的糖鎖プロファイリング法の開発

(島津)
西風隆司・ 岩本慎一・ 田中耕一

1st International Symposium of the Philippines Vacuum Society
(フィリピン真空学会)

2016年1月14~15日

OSA-5

High-flux atomic hydrogen source for peptide ion fragmentation in tandem mass spectrometry

(1Shimadzu Corporation, 2Doshisha University)
Hidenori Takahashi1, Shinichi Iwamoto1, Motoi Wada2, Koichi Tanaka1

第34回日本認知症学会学術集会

2015年10月2~4日

演題番号145

培養細胞を用いたAβ関連ペプチドAPP669-711産生機構の解析

(1島津・ 2東大)
金子直樹1・ 岩本慎一1・ 田中耕一1・ 富田泰輔2

第63回質量分析総合討論会

2015年6月17~19日

2P-27

β-CaseinのMALDI-ISDフラグメント観測に対するイオン滞在時間の影響

(1横市大院生命ナノ・ 2島津)
名越慶士郎1・ 関谷禎規2・ 岩本慎一2・ 田中耕一2・ 高山光男1

2P-19

新規フラグメンテーション法”気相イオン水素付着解離(G-HAD)”の開発

(1島津・ 2同志社大)
高橋秀典1・ 関谷禎規1・ 西風隆司1・ 小寺慶1・ 岩本慎一1・ 和田元2・ 田中耕一1

3P-18

新規フラグメンテーション手法”気相イオン水素付着解離(G-HAD)”によるペプチド・修飾ペプチドの分析

(1島津・ 2同志社大)
関谷禎規1・ 高橋秀典1・ 西風隆司1・ 小寺慶1・ 岩本慎一1・ 和田元2・ 田中耕一1

2P-06

MSで異性体解析に挑む:シアル酸結合様式特異的誘導体化法”SALSA”の開発

(島津)
西風隆司・ 岩本慎一・ 田中耕一

3P-02

Solid-Phase SALSAによる簡便な結合様式特異的シアル酸誘導体化

(島津)
西風隆司・ 岩本慎一・ 田中耕一

第63回米国質量分析学会(ASMS)

2015年5月31日~6月4日

MP 005

Simple on-plate PNGase F digestion combined with LC/MALDI-MS for site-specific N-glycosylation analysis

(Shimadzu Corporation)
Ritsuko Yoda, Yusaku Hioki, Takashi Nishikaze, Naoki Kaneko, Hideharu Shichi, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

MP 674

Towards the discrimination of sialyl linkages in glycopeptides: A new derivatization approach

(Shimadzu Corporation)
Takashi Nishikaze, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

ThP 090

Hydrogen Attachment Dessociation(HAD): A Novel Fragmentation Technique for Singly- and Multiply-charged Peptide Ions

(1Shimadzu Corporation, 2Doshisha University)
Hidenori Takahashi1, Sadanori Sekiya1, Takashi Nishikaze1, Kei Kodera1, Shinichi Iwamoto1, Motoi Wada2, Koichi Tanaka1