ENTRY・MYPAGE

職場の紹介

今回のインターンシップで体験していただく職場のうち、3つを簡単にご紹介いたします。このインターンシップでは、皆さんの今後のキャリアを考えるきっかけにしていただきたいと考えています。ぜひ島津製作所ならではの技術職の醍醐味を実感してください!

職場の紹介

仕事の簡単な紹介をお願いいたします。

製品企画と開発、開発した製品の販促支援が主な仕事内容になります。
当部門は、細胞利用産業(細胞による有用物質生産、細胞を用いた治療や創薬支援)に対して、既存の分析機器や企画・開発した新製品を用いた分析手法の提案により、顧客の課題解決に取り組むと共に、島津製作所の新規事業拡大を目的として活動しています。販促支援ではWebセミナーの実施や製品のデモンストレーションも担当し、顧客との接点も多いです。

部署の雰囲気を一言で言うと?

チャレンジ精神と他部門との協調性を重視する文化を持った部門だと思います。

その理由は何ですか?

新規事業は基本的に前例の無い取組みが中心となるため、不確定な要素が多い中でも検討を重ね決断し、挑戦し続ける勇気が不可欠だからです。
また新規事業に対して、企画ではマーケティング部、設計では研究所や技術部、製造では工場の各部門、販売では営業といった、バリューチェーンに関わる全ての関係者の協力が既存事業に比べてより重要となってくるため、他部門との効率的な協働のためにも協調性を重視しています。

仕事が楽しいと思う瞬間は、どんな時ですか?

多様な場面で楽しいと思う瞬間があります。自身の提案した製品企画が採用された時、多くの部門と連携して製品を世の中に出すことができた時、Webセミナー等の販促活動で大きな反響を得ることができた時、顧客へのデモで提出した解析結果と考察に満足し製品を購入頂けた時、製品導入後に顧客から感謝を伝えられ顧客の課題解決に貢献できたと感じた時など、分析機器メーカーとしての面白さが詰まった部門だと感じています。

仕事の簡単な紹介をお願いいたします。

科学や医療や産業の分野で行われる実験や試験で活躍する分析計測等の装置を島津製作所は沢山手がけてきました。分析計測ニーズの高度化に伴い装置も高度化し、データの解釈や装置の適正運用にも高度な技能が求められています。そこでAI等を用いてデータの解釈や装置運用を誰でも、効率良く、解りやすく、確実に行うAI、さらにはお客様の実験・試験の全体を支援・自動化するAIの開発も行っています。

部署の雰囲気を一言で言うと?

スタンドプレーから生じるチームプレー

その理由は何ですか?

得意とする分野をそれぞれのメンバーが持ち、社内外の様々な課題をAIを中心とした技術を活用して解決しています。組織として全体のビジョンに向かいつつ、各々が大事にしているポイントは違っており、それが程よく多様な考えを維持しています。メンバー同士は日常のディスカッションや勉強会を通してゆるく繋がり協力するといった雰囲気で仕事をしています。

仕事が楽しいと思う瞬間は、どんな時ですか?

部門全体として新しい情報技術の吸収には熱心ですが、加えてそれを装置や計測に関する知見と組み合わせて、実際の価値につなげていく過程はより楽しいと感じています。
計測は物理世界とデータの間に立つものであり、その両方に興味を持てると楽しめるのではないでしょうか。

職場の紹介

仕事の簡単な紹介をお願いいたします。

当社の医用X線撮影装置全般のシステム開発を行っており、画像処理技術の精度や速度を高めることもミッションの一つです。画像処理技術は当社の医療機器製品の強みの一つであり、例えば、心臓や脳などの血管内治療に用いられる血管撮影システムでは、鮮明なX線画像を医師にリアルタイムで表示することで、正確でスピーディな治療を実現しています。

部署の雰囲気を一言で言うと?

年齢や役職に関係なく自分の意見を言い合える、フラットで居心地の良い職場です。

その理由は何ですか?

議論することを大切にしている職場だからです。後輩も先輩も関係なく、自分の意見や考えを出し合うことで、より良い結果・気づきを得ることができると考えています。また、活発な議論を行うためには、相手を尊重することも大切です。お互いを尊重し合う雰囲気が、職場の居心地の良さに繋がっているのだと思います。

仕事が楽しいと思う瞬間は、どんな時ですか?

例のない新しいことに挑戦することも多く、仕事はつらいと感じることも多いですが、自分たちが考案した技術によって、これまで不可能だったことが可能になったとき、あきらめずに取り組んで良かったと喜びを感じます。また、その技術が製品化されたときには、病気で苦しむ患者さんにより良い医療を提供できると、誇りややりがいを感じます。

pagetop