ENTRY・MYPAGE

募集テーマ一覧

テーマNo. 1
研修テーマ 最新IT技術を駆使し、社会が求めるシステムを作り上げよう!~IoTシステムのプロトタイプ開発~
研修内容 当グループは、IoT・クラウド・セキュリティなど、島津製作所の製品・サービスに欠かせないIT技術を研究する職場です。
本研修では、計測データを可視化するIoTシステムのプロトタイプ開発を経験していただきます。
試作するIoTシステムは、PCからクラウドサーバに計測データを収集・蓄積し、蓄積したデータの変化をグラフ等で表示するWebシステムです。
システム開発は、お題となる要求をもとに、システム/ソフトウェア開発の基本的な流れ(仕様・設計・実装・テスト)に沿って進めていただきます。
研修部門からのメッセージ 当グループはIoT・クラウドなどのIT技術、アジャイル・DevOpsなどのソフトウェア開発手法を製品開発に採り入れる研究を行っています。
新たな製品・サービスのプロトタイプ開発に携わる機会が多く、社内外のいろいろな方と接する機会も多いため、毎日が刺激的です。
好奇心と探究心、行動力がある方はぜひ応募してください!皆さまのご応募をお待ちしております。
応募条件

【学歴】

・学士、修士

【学科系統】

・情報

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・HTML, CSS, JavaScriptを用いたWebアプリケーションの開発経験
・行動力があり、探求心を持ち合わせている方

【あれば歓迎するスキル】

・React, TypeScriptを用いたWebアプリケーションの開発経験
・AWS(Amazon Web Services)でのシステム構築経験

研修期間 B日程(2022年9月6日(火)~ 9月20日(火))
留学生
テーマNo. 2
研修テーマ ソフトウェア開発で新たな市場を作り出す!SaaSビジネスローンチ体験
研修内容 企業では製品開発だけでなく、製品がビジネスとして収益をあげられるかも求められます。
本研修では分析機器のデータ管理Webシステム 「LabSolutions」を題材に、製品開発とビジネス検討の両方を体験していただきます。
製品開発としては、クラウドの技術調査やクラウド上で動作するWebアプリケーションの開発を行っていただきます。
次のステップでは、開発したアプリケーションをSaaSとして顧客に提供するというシナリオで、顧客セグメントの設定、収益モデルの検討などを行い、企業でのビジネス戦略立案を疑似体験していただきます。
研修部門からのメッセージ 当部門は当社分析機器のソフトウェア開発を一手に担っています。
その中でも本テーマの部署では、大学の研究機関との共同研究や、ソフトウェア製品の戦略企画やグローバルローンチ(新しい製品やサービスを世界に送り出すこと)など、製品の方向性を左右する重要な役割を果たしています。
ぜひ、戦略開発メンバーの一員となっていただき、「ソフトウェア開発で新たな市場を作り出す」を体験してください!
皆さまのご応募をお待ちしております。
応募条件

【学歴】

・不問

【学科系統】

・情報
・その他(※)
※化学、物理、機械系でも可

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・ソフトウェプログラミング (Webアプリケーションの開発、C#を用いたアプリケーションの開発)の経験
・マーケティングなどビジネス戦略に対する興味のある方

【あれば歓迎するスキル】

・AWS、Azure、GCPなどのクラウドサービスを用いた開発経験

研修期間 A日程(2022年8月24日(水)~9月6日(火))
留学生
テーマNo. 3
研修テーマ 機械学習や統計的信号処理を製品ソフトウェアへ搭載!
クロマトグラムの波形シミュレータの開発
研修内容 AI や IoT といった技術を活用した分析装置用の製品ソフトウェアの開発を行っている職場です。
本研修では、クロマトグラム波形処理アルゴリズム開発において、アルゴリズムの性能評価・検証を行うために使用する様々なパターンの人工データを生成するクロマトグラム波形シミュレータを開発します。
ガウス関数等を使った人工データの生成、ノイズ付与、ピーク変形、実分析で得られたベースラインデータとの統合などを行うとともに、ニューラルネットワーク等を活用したデータ生成にもチャレンジします。
生成したデータを使ったアルゴリズムの性能評価についても学んでいただき、島津製作所での研究開発業務を実感してもらいたいと考えています。
※「クロマトグラム」などの基礎用語解説はこちらのページをご確認ください。
研修部門からのメッセージ 当部門は、当社で主力のクロマト関連製品に関するソフトウェアの開発を行っています。
中でも、AI / IoT を活用してソフトウェアの付加価値を向上させる取り組みを、当社研究所や大学等の共同研究先と協力しながら進めており、大変やりがいのある職場です。
データ処理・AI・IoT に関心があり、プログラミングが大好きで、やる気と行動力がある方を歓迎します! 皆さまのご応募をお待ちしております。
応募条件

【学歴】

・不問

【学科系統】

・情報
・物理

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・信号処理アルゴリズム関連の専門知識がある方
・ソフトウェアプログラミング(Python)の経験をお持ちの方
・データ処理、機械学習(Deep Learning等)に興味のある方
・プログラムが好きでやる気と行動力に自信のある方

【あれば歓迎するスキル】

・Pythonを使った信号処理アルゴリズムの開発経験

研修期間 A日程(2022年8月24日(水)~9月6日(火))
留学生
テーマNo. 4
研修テーマ AI(深層学習)で進化する細胞画像解析~Cell Pocketの新規アプリケーションの企画立案
研修内容 細胞画像解析ソフトCell Pocketの新規アプリケーション(※)を企画・提案頂きます。
※アプリケーションとは「特定の細胞に対する解析目的の設定と具体的な解析方法」を指します。
細胞培養ラボでは培養状態を作業者が目視で判定したり、観察対象の細胞の数やコロニーの面積を計算したりといった煩雑な業務が不可欠です。
Cell Pocketは、当社の独自技術によって、AIがわずか数十枚の画像を学習しただけで高速・高精度の画像解析が可能となります。
研修初日に提示する製品の特長や機能を参考にして、市場・顧客、競合、当社の3C分析から適切と考えられる細胞画像解析のアプリケーションを企画、提案頂きます。
これにより、島津製作所において、製品やアプリケーションがどのように検討され、開発されていくのか体感いただくと共に、マーケティング調査に関して学んでいただける機会となります。
研修部門からのメッセージ 当部門ではこれまで培ってきた分析計測技術を新しい分野となる細胞培養分野に展開するため、製品の企画から設計、開発、販促まで、様々な部門と連携しながら活動しています。 外部のお客様に積極的にご意見を伺う機会も多く、興味、やる気のある方、プロアクティブな方をお待ちしています!
応募条件

【学歴】

・修士、博士

【学科系統】

・生物
・情報

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・細胞の培養および培養した細胞に対する免疫蛍光染色、PCR、ウェスタンブロッティング等の解析を実施した経験
・培養実験の目的に合わせて論文調査を行い、適切な実験系を提案、構築するスキル
・顕微鏡やイメージング装置を使って取得した生体画像の解析経験
・プロアクティブでモチベーションの高い方

【あれば歓迎するスキル】

・画像解析の目的に合わせて複数の解析処理の選択肢を提示し、それらの選択肢の利点や欠点を説明できるスキル
・Pythonコーディング経験(OpenCV等のライブラリを利用した画像解析の経験)
・物体検出、セグメンテーションに関する機械学習アルゴリズムのコーディング経験

研修期間 A日程(2022年8月24日(水)~9月6日(火))
留学生
テーマNo. 5
研修テーマ 産業の発展に欠かせない!世界初の分析システムを用いた状態分析手法のアプリケーション創出
研修内容 蛍光X線分析装置は、試料にX線を照射して発生する蛍光X線のエネルギー(波長)や強度を解析することにより試料を構成する元素の種類や含有量を調べる装置です。
蛍光X線分析装置は非破壊かつ特別な雰囲気や付帯設備の必要なく手軽に元素分析ができることから、広い分野で産業利用されていますが、最先端の蛍光X線分析では状態分析への適用研究が進んでおり、電池の充放電過程における電子密度状態、触媒の活性反応における配位種や配位数の変化、蛍光材の光反応における電子状態の変化、磁性材のスピン状態の変化などへの応用が期待されています。
しかしながらこのような状態分析は超高真空環境や特殊施設での利用などの制約があります。
我々はこの課題解決として通常の環境下において実験室で分析できる世界初の超高分解能の蛍光X線を実現した状態分析システム「Xspecia」を開発しました。
本研修では「Xspecia」の装置原理・構成や主要ターゲット分野である電池への活用事例を学んで頂き、新たなアプリケーション開発(※)を行っていただく予定です。
アプリケーションとして磁性材料、触媒、蛍光材などの新規分野への展開を企画していただきます。
※アプリケーション開発とは製品に関する新しい分析・測定解析技術や手法の開発を指します。
研修部門からのメッセージ 当グループではマテリアル・環境分野を主軸に電子線、X線、プロープ顕微鏡を用いた製品開発をしており、主力製品である卓上型エネルギー分散型蛍光X線は電気電子業界へワールドワイドで累計10,000台を販売しています。
製品化開発やアプリケーション開発の企画は開発の方向性を決める重要なプロセスとなりますが、自分の企画が形になり世に出て売れた時は、お客様はもとより営業やサービスからも絶賛されとてもやりがいを感じます。 特に海外で売れると開発メンバーはヒーローになります。
やる気と興味、行動力のある方はぜひ応募してください!皆様のご応募をお待ちしております。
応募条件

【学歴】

・修士、博士

【学科系統】

・物理
・化学
※必須要件を満たしていれば他系統でも可

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・分析装置や計測装置を用いた実験経験
・スペクトル解析理論の理解(学ばれた方)

【あれば歓迎するスキル】

・X線分光分析に対する興味
・金属材料、無機材料に対する興味
・放射光施設での実験経験

研修期間 B日程(2022年9月6日(火)~ 9月20日(火))
留学生
テーマNo. 6
研修テーマ 産業や社会を支える!アクチュエータの設計計算にチャレンジ
研修内容 アクチュエータは当社の分析計測、航空機器、フルイディクスなどの事業において幅広く用いられ、産業や社会、人々の暮らしを支えています。
省力化、安全性の向上、人的要因によるミスの低減などを目的に、従来より様々な分野で各種手作業の自動化が進んでいます。
当部門は汎用ロボットの利用や、専用機の設計を通して製品の自動化に取り組んでいます。
いずれのシステムでも一軸アクチュエータを設計するケースが多く、不可欠な機械要素となっています。
本研修では、このアクチュエータの設計計算を実施いただきます。
負荷要素や運転パターンなどの仕様から実際のモータ選定、トルク計算などを通して製品開発プロセスを体験いただきます。
研修部門からのメッセージ 製品開発の過程では、様々な知識を開発対象に当てはめて設計計算を行います。
大学で得た知識を実践に生かす工程は、技術者を志すうえではよい経験になると思います。
やる気と興味を持って、粘り強く取り組んでいただける方のご応募をお待ちしています!
応募条件

【学歴】

・不問

【学科系統】

・機械

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・機械工学における4大力学である「機械力学・材料力学・流体力学・熱力学」のうち「機械力学」と「材料力学」の知識
・電磁気学の知識(※モータの選定時動作原理やモータタイプの特徴理解のため)
・粘り強さに自負のある方

【あれば歓迎するスキル】

・メカトロニクスの知識
・機械設計技術者試験3級への取り組み経験

研修期間 B日程(2022年9月6日(火)~ 9月20日(火))
留学生
テーマNo. 7
研修テーマ X線CT装置の画像処理開発
研修内容 当グループでは、物体内部の時間変化を観察できる高速なX線CTの実現を目指しています。
この装置が実現すると、物体のミクロ構造を数秒で3D観察できるようになり、材料のダイナミクス研究や製品の品質検査のスループット向上に大きく貢献します。この超高速CT技術(4D-μCT)は、現状は放射光などの特殊施設でしか実現できていないので、実用化できれば産業界に大きなインパクトを残すことが期待されています。
本研修では、高速化に必要なノイズ低減と空間分解能を両立できる画像再構成ソフトの改良とシミュレーションによる画質評価を体験し、画像処理開発の流れと将来の製品に必要とされる画質をどのように評価し、改良していくのかを学んでいただきます。
本研修を通じて、画像補正や解析というスキルを身に着けていただき、社会的課題を解決するために取り組む島津の研究所ならではの仕事を実感してもらいたいと考えています。
研修部門からのメッセージ 当グループは産業用非破壊検査装置や医用画像診断装置などのコア技術であるX線イメージング技術の研究開発を行っています。
従来製品の改良では観察できなかった対象の可視化や、高性能を実現する先端技術の研究開発を行っています。
研究成果を製品に搭載するまでは苦労も多いですが、製品が世に出た時はとてもやりがいを感じます。
新しい技術開発に興味がある方はぜひ応募してください!皆さまのご応募をお待ちしております。
応募条件

【学歴】

・修士、博士

【学科系統】

・情報
・物理
※必須要件を満たしていれば他系統でも可

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・画像処理アルゴリズム関連の専門知識がある方
・ソフトウェアプログラミング(C言語、Python等)の経験をお持ちの方

【あれば歓迎するスキル】

・CT再構成に関する知見、経験

研修期間 B日程(2022年9月6日(火)~ 9月20日(火))
留学生
テーマNo. 8
研修テーマ 脳五感に関連した生体情報計測技術の評価
研修内容 本研修では、ヒトの感情や感性を計測・解析することを目的とし、脳や生体の末梢に現れる情報を取得する技術の評価を行っていただきます。対象とする現象や指標は、「ストレス、疲労、快適さ」等が考えられます。テーマの内容はインターンシップ生と議論しながら自律的に設定していきます。テーマが具体的になったら評価対象に関する技術調査を行い、実験系を構築し、実験を行います。その後、実験で得られたデータを基に対象とする現象・指標を解析することで、計測技術の性能や有用性を評価します。計測デバイスは電気信号などの主に物理的な手法が中心ですが、カメラ(動画・音声)も対象となります。
研修部門からのメッセージ 当グループは、生理信号に基づく感性計測技術の研究開発に取り組んでいます。島津製作所の中でも新しい領域を開拓しているグループで、会社の事業領域の拡大に向けて事業化を目指しています。機器開発に必要ないわゆる機械・電気・ソフトだけでなく、ヒトに対する知見も交えた幅広い領域で活動することができる分、様々なバックグラウンドを持つ専門家との交流もあります。皆様の応募をお待ちしています。
応募条件

【学歴】

・不問

【学科系統】

・情報
・その他(※)
※心理学(認知心理学、知覚心理学、etc.)実験の知見がある方

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・動画解析または音声解析の経験や理解
・Python等での時系列データ解析と可視化
・関連する研究論文や技術資料を理解できる英語力

【あれば歓迎するスキル】

・生体情報計測のバックグラウンド

研修期間 B日程(2022年9月6日(火)~ 9月20日(火))
留学生
テーマNo. 9
研修テーマ 機械学習による波形モデル関数獲得
研修内容 「物質が何であって、量はどれぐらい?」そのような基本的な問いに対して、これまでは原理と観察からモデル関数を人間が作り、推測する事で答えを導いてきました。本テーマではそのモデル関数を人間が作るのではなく、機械学習を用いてより高精度に獲得する事にチャレンジして頂きます。また、このチャレンジを通して、どのように検証を積み重ねていくかの議論に参加頂き、企業での研究開発が如何に進んでいくかを当事者として体験してもらいます。
研修部門からのメッセージ 情報科学的な観点と装置原理といった物理的な観点の両方に興味ある方は特に楽しめる内容だと考えています。
応募条件

【学歴】

・不問

【学科系統】

・不問
※化学・物理・情報・生物のいずれも該当するため

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・数値処理をするプログラミングの経験

【あれば歓迎するスキル】

・Pythonでのプログラミング経験
・pytorch等のニューラルネットライブラリの利用経験
・GANやVAEへの理解(浅くても可)

研修期間 B日程(2022年9月6日(火)~ 9月20日(火))
留学生
テーマNo. 10
研修テーマ 病気発見の精度と速度を向上させたい!~医用X線画像装置で患部検出のためのAIモデル構築と性能評価~
研修内容 当社の医用機器製品は画像処理技術が強みの一つであり、例えば、心臓や脳の血管内治療に用いられる血管撮影システムでは、鮮明なX線画像を医師にリアルタイムで表示することで、正確でスピーディーな治療を実現しています。
当グループでは、主に医用X線画像装置のソフトウェアを開発しており、医療現場における課題を解決することを目指しています。私たちは画像処理技術の精度や速度を高めることを一つのミッションとして日々奮闘しています。
本研修では、シングルボードコンピュータを用いて、医用画像を対象とした部位検出AIの設計検証・評価に取り組み、技術開発の一連の流れを学んでいただきます。また、技術課題に取り組むことで、ソフトウェア開発スキルや論理的思考力を身に着けていただきます。
島津の技術者との仕事を通じて、会社の雰囲気を感じてもらうとともに、社会的課題に取り組む島津の誇りや拘りを実感してもらいたいと考えています。
研修部門からのメッセージ 当グループでは、主に医用X線画像装置のシステム開発や画像処理アルゴリズムの開発を行っています。メンバーのほとんどがソフトウェア技術に精通しており、最新技術についての情報交換や勉強会を行っている刺激的な部署です。
製品開発は大変な部分が多いですが、製品が世に出て、お客様に使用していただき、社会の役に立った時はとてもやりがいを感じます。やる気と興味、行動力がある方はぜひ応募してください!
今回は実務的な経験をしていただき、当社で活躍するイメージや技術者のこだわりを実感していただきたいと思っています。 皆さまのご応募をお待ちしております。
応募条件

【学歴】

・修士、博士

【学科系統】

・情報
・電気
※必須要件を満たしていれば他系統でも可

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・ソフトウェアプログラミング(C言語、Python等)の使用経験
・機械学習フレームワーク(Tensor Flow, Pytorch等)の使用経験
・やる気と興味、行動力に自信のある方

【あれば歓迎するスキル】

・シングルボードコンピュータ(Raspberyy pi, Jetsonなど)の使用経験

研修期間 A日程(2022年8月24日(水)~9月6日(火))
留学生
テーマNo. 11
研修テーマ 骨粗鬆症を1日でも早く見つけたい!~胸腹部X線画像のマッチングへの挑戦~
研修内容 骨粗鬆症患者は国内約1300万人と推計されます。骨粗鬆症による脆弱性骨折は初めに椎体に発生し、その後、二次骨折に進展します。そのため、早期に椎体骨折評価を行うことで大腿骨近位部骨折リスクの軽減が期待できます。
しかし、椎体骨折の定量的評価法であるQM法は計測に時間を要する課題があり、当部門では画像処理やAI技術を用いて効率的に行うソフトウェアを開発しています。
椎体計測評価においては、椎体レベル(胸椎T1~T12、腰椎L1~L5)の特定が必要になります。そこで本研修では、椎体レベル特定の自動化を目指して、胸部側面X線画像と腹部側面X線画像のソフトウェアでのマッチングに挑戦します。
研修部門からのメッセージ 本研修テーマは、現在進行形の未解決課題であり答えはありません。困難ではありますが非常にやりがいのあるテーマです。
研修期間中は、当部門の一員として、本テーマの研究及び成果の報告等、より実務的な経験をしていただきます。
スキルの向上だけでなく、業務の進め方、社員や職場の雰囲気、当社の技術や、技術へのこだわりも実感していただきたいと思います!
応募条件

【学歴】

・不問

【学科系統】

・情報
※必須要件を満たしていれば他系統でも可

【活かせる技術的スキル・経験(必須要件)】

・画像処理スキル(デジタル画像の基本構造、ヒストグラム・濃度変換、空間フィルタリング処理の理解)
・PythonのNumpy, Pillow, OpenCV等の使用経験
・当社の技術者のこだわりに興味のある方

研修期間 A日程(2022年8月24日(水)~9月6日(火))
留学生
pagetop