高速応答ガスモニタ「EGR-chaser」

高速応答ガスモニタ「EGR-chaser」

特長
1. 燃焼に直接関わる酸素(O2)濃度もしくは二酸化炭素(CO2)濃度のモニタリングが可能
O2もしくはCO2の濃度変化を他成分の影響を受けずに精度よくモニタリングしますので、水分を多く含んだ燃焼排ガス状態の把握に適しています。
2. 10msの高速応答性
ガスのサンプリングではなく、光学的な手法により高速に計測しますので、計測対象ガスの過渡的な濃度変化をありのままに、極めて高速に計測できます。
3. 耐熱200℃の差込式プローブ
外部EGRシステム搭載エンジンの吸気側評価に適した耐熱性を有します。また、脱着容易な構造ですので必要な時にすぐ計測できます。
ラインナップ
TLFM-2000-O2 TLFM-2000-CO2
高速応答ガスモニタ EGR-chaser
O2計測タイプ
(型名:TLFM-2000-O2)
高速応答ガスモニタ EGR-chaser
CO2計測タイプ
(型名:TLFM-2000-CO2)
仕様
名称 高速応答ガスモニタ EGR-chaser
O2計測タイプ
高速応答ガスモニタ EGR-chaser
CO2計測タイプ
型名 TLFM-2000-O2 TLFM-2000-CO2
P/N 123-10750 123-10751
計測項目 O2濃度(%)、温度(℃) CO2濃度(%)、温度(℃)
計測濃度範囲 0-21vol% 0-15vol%
計測温度範囲 0-200℃
計測手法 O2およびCO2濃度:波長可変半導体レーザ吸収分光法 温度:プローブ一体型熱電対
挿入サイズ 挿入長30mm、必要挿入径Φ23mm
接ガス部耐熱温度 最高200℃
応答時間 10ms
外部入力 計測点の圧力(0-10V)
トリガ用入力(5VTTL)
煤塵からの汚染低減 プローブ開口部にフィルタを装着
定格電力 本体(PC除く):AC100V、 約100W
レーザ安全性 クラス 3R クラス 1

適用例

外部EGRシステム搭載エンジンの吸気側計測に最適
■ EGR率の詳細評価
■ ポンピングロスの評価
■ トランジェント時の吸気ガス中CO2およびO2濃度評価
■ 吸気ガスの気筒間分配の評価

計測例

酸素濃度変化の応答性
安全に関する注意事項
  • ・装置をご使用になる前に装置付属の取扱説明書をよくお読みいただき、正しい使用方法で使用して下さい。
  • ・本製品(TLFM-2000-O2)はクラス3Rに分類されるレーザ機器です。
安全に関する注意事項
お問い合わせ
   Web
>> お問い合わせフォームへ
 電話、E-mail
島津製作所 デバイス部 営業グループ
電話番号 (03)3219-5797
Fax番号 (03)3219-5567
E-Mailアドレス engine@group.shimadzu.co.jp
受付時間 午前9時~12時
午後1時~5時(土日祝を除く)
ページトップに戻る